FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

敵か、味方か 【No.113】

今週の礼拝で分かち合ったことの中で、
「敵か?味方か?」ということがありました。

神様に対して「あなたは私の味方ですよね?」と尋ねたならば、
恐らく神様は、黙っておられるんじゃないかなぁと思うんです。

「え~、神様は私たちの味方じゃないの?」と思われるかもしれません。
確かに神様は私たちの味方だと思うんです。
でも実際のところは、少々語弊のある言い方をすれば、
神様は私たちの味方ではないのかもしれません。

玄関のヒマワリ

聖書を貫いている真理、神を神としていく時、
「神様は私の味方でしょうか?」と私たちが問うのではなく、
「あなたはわたしに従いますか?」と神様が私たちに問うておられるのです。

神様を私の味方につけて歩んでいくのではなく、
私の方が神様の側につき、神様に従っていく、これが信仰の道なのでしょう。

ヨシュア記5章でのヨシュアの「敵か、味方か?」の質問に、
直接は答えないで真理を語る主の軍勢の将も、
神を神とし、神を礼拝し、神に従うことを教えているのでしょう。

ロマ書8章の「神がわれらの味方であるなら・・・」という言葉にしても、
前半に記されている前提を見逃してはいけないでしょう。
8章の前半に記しているように、肉の思いではなく神の御霊に従っている人、
そういう人は神につく人だから、神の味方であり、神が味方であると言えるのでしょう。

言わば、神を味方につけようとすることは、肉の思いから出ることで、
神に従っていこうと神の側につく思いは、御霊から出ていることなのでしょう。

大切なことは、「神様は私を助けてくれる私の味方だろうか」ということではなく、
「あなたはわたしを愛するか」、「あなたはわたしに従ってきなさい」
という主イエスの問いかけと勧めに、素直に肯くことなのでしょう。

玄関のヒマワリ②

今週、遅く撒いた玄関の横のヒマワリが、やっと咲きました。
(ハチなのかアブなのか、蜜を吸いにやってきます)
蕾の時には、太陽の方向にしっかり首を動かしていました。
太陽に向かうヒマワリのように、いつも神に向かう者でありたいなぁと思います。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<布団干し 【No.114】 | ホーム | インフルエンザ対策 【No.112】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |