FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

こんな美しい朝に

「空高くひばりは鳴き出し
 露にぬれてすみれが咲く
 こんな美しい朝に
 主は 主は よみがえられた」 
           水野源三『こんな美しい朝にⅡ』より


全国ニュースでは桜が満開だと報道されているものの、
ソメイヨシノが咲くことはない雪の残る北見の澄んだ朝に、
Oさんは洗礼を受けました。

イースターの朝
(イースターの朝)

すみれではなく白百合が活けられた礼拝堂で、
緊張しつつもゆっくりと主イエスを信じる告白をする朝に、
Oさんは洗礼を受けられました。

ひばりの鳴き声は聞こえませんが、
主の復活を喜ぶ賛美の歌声が響き渡るその朝に、
Oさんは洗礼を受けられました。

諦めても嫌になっても仕方がないものを抱えていたのに、
死を打ち破られた復活の主イエスを記念するイースターの朝に、
Oさんは洗礼を受けられました。

洗礼槽のない小さな教会のビニールプールなのですが、
主イエスがヨルダン川で洗礼を受けられた時と同じように、
「わたしの愛する子。わたしはあなたを喜ぶ」という主の御声が、
聖霊によって確かに響き渡る美しい朝でした。

2013年イースター&洗礼式

そんな美しい朝に、Oさんは洗礼を受けられました。
否、正確に言えば、Oさんが洗礼を受けたのではありません。

全知全能の生ける神が、Oさんに洗礼を授けたのです。
これは神の業なのです。そして、だからこそ美しいのです。

桜(ソメイヨシノ)が咲かない5回目の春を迎えるこの日、
緊張気味のOさんの顔に時折り見られる笑顔をみんなで喜ぶ、
そんな美しい朝、イースターの朝を迎えることができました♪

Oさんにとって、こんなに「おめでとう」と言われたのは、いつ以来でしょうか。
新聞記事に載るわけでもない、北の果ての小さな教会の喜びの輪です。

しかしいのちの書にしっかりと名前が記されていること、
そして天における大きな大きな喜びとつながっていることを確認した、
そんな美しい朝、2013年のイースターの朝でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |