FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

春なのに~

北朝鮮が核実験をしたと、けたましく報道された2月のある日、
私にとってはそれ以上に大きなニュースだったOO夫妻の転勤の内示。

今生の別れではないとしても、まだ春でもない3月の間、
「春なのに~♪」というBGMが頭を流れ、
引っ越しをされた後のことが、夢にまで出てきました。

別れが寂しいと思うということは、
それほど幸いな交わりが与えられていたということだと思う時、
共に主を礼拝した約2年半を、主とOO夫妻に心から感謝しました。

ギターを奏でる様子
(ささやかな送別会で)

「主よ人の望みの喜びよ」を弾かれるギターの音色、
きれいごとではない愛の姿、
漢方薬ではなく「信仰だと思います」との言葉、
説教者の言葉ではなく神の言葉を聞かれる礼拝での姿、・・・。

ホントに辛いところを通られてきたのです。
それでもOO夫妻のために祈り、共に礼拝を捧げる中で、
「OO夫妻は、なんと神様からの計らいがあることか」と
思わずにはおれない夫妻でした。

私たちの教会にとっても、OO夫妻にとっても、
たくさんの「再び」という神の奇跡を共に体験しました。
そしてこれからも、主の栄光の御業は続いていきます。

送別会でお渡しするために作っていた写真。
「きっと作って下さると思っていました」と、
2年半で私の思考・行動パターンまで読まれていました!

贈った写真の額

引っ越しの当日、たいしたお手伝いは出来なかったのですが、
荷物が運ばれた部屋の拭き掃除をしたのは、洗足日でしたね(笑)

OO夫妻が車で通っていたであろう網走湖の西側の道で、
夕陽に照らされたまだ氷の残る湖面を眺めながら、
「ガリラヤの風かおる丘で」の賛美を思い出していました。

イースター礼拝で迎えた新しい地での歩みの祝福を、
私たちはこれからも心を込めてお祈りします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |