FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

春だから

中高生ぐらいの時、「好青年になりたいなぁ」と思っていました(笑)
好青年になるってどういうことのなのか、その定義は分かりませんが、
なんかとっても良い印象って感じでした。

今となっては「好青年」と呼ばれる年代もとっくに過ぎました。

今どきの言葉では「好青年」って、なんて呼ぶのでしょう。
「イケメン」とは違いますしね~。単なる「さわやか」とも違うような。

さて、ゴスペルに集われていたOOO君、
関西の大学に入学するということで、出発前に礼拝に出席されました。

このOOO君、何から何までホントに好青年なんです!
「こんなに礼儀正しく、誠実な高校生がいるの!?」と、
皆さんが驚くぐらいの好青年です。

好青年

皆さんで祝福を祈り、お祝いの品を渡した後に、挨拶をしてもらいましたが、
「高校を卒業したばかりとは思えない」と妻が驚くぐらい、
急にお願いしたにも関わらず、誠実でまとまった言葉でした。

「関西に行っても、この誠実さをなくさないで!」と願うのです。

私が不合格になった大学に行くのも不思議なものです(笑)
その大学の設計者ヴォーリズは、近江兄弟社の創立者で、
北見にある宣教師館のピアソン記念館の設計者でもあります。

「春なのに~♪」が頭を巡りますが、秋とか、冬が別れの季節だと、
もっと寂しい思いになるかもしれませんね。
「春だから」良かったのかもしれませんね。

北海道では見たことのないぐらいの満開の桜の中で、
火曜日に入学式を迎えられたことでしょう。

どうぞ健康が支えられ、良き師、良き友、良き本に出会い、
充実した学生生活を過ごして下さい。

困ったことがあったら、いつでも紹介した教会に行って下さい。
皆さんがOOO君の助けになってくれますよ。

帰省した時には、覚えたての関西弁を聞かせて下さい。
そしてまた一緒にゴスペルで賛美しましょう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |