FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

一羽の雀

先週の土曜日の朝、4時ぐらいだったでしょうか。
「チュン、チュンチュン」という雀の鳴き声が聞こえました。

どれだけ眠ったのか、目を閉じていただけなのか、
いろんなことを考え、思いを巡らしていた明け方、
不意に聞こえてきたかわいい雀の鳴き声でした。

積雪とマイナスの世界という冬の間、
雀たちはどうしていたのでしょうか?

まさか冬眠などしないでしょう・・・。
私が気づかないだけで、いつもと同じように訪れていた!?

そして思い出したのは、「一羽の雀に」の賛美です。
懐かしい賛美で、日本語訳も良いですね。



「二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である」 マタイ10:29-31



明日はペンテコステ礼拝です!
聖霊が雀のように、否、鳩のように臨まれますように♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |