FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

頼まれごとを通して

年輩の牧師から、個人的に頼まれごとをする時があります。
組織上の職務的なものではないのですが、
私の能力をはるかに越えたことでない限り、引き受けます。

あるいは能力を越えていることがらなどでも、
自分の出来る範囲だけをさせて頂いたり、
また他の方法や出来る方を紹介するなどします。

言葉が悪いのですが、時には「雑用」的なこともありますし、
「えー、それを私にしろと・・・」と心の中だけ(!)で思うものもあります。

しかし、それでも出来うる限り嫌な顔をしないで引き受けます。
(電話だから顔は見えませんが・笑)
何故でしょうか?

理由その①「お世話になったから」
無理・難題・雑用を頼まれる先輩牧師は、
私の方こそが、今までとてもお世話になっているのです。

「恩返しをしたと思うほど、忘恩はない」という言葉を、
三浦綾子さんが紹介されていた記憶があります。

恩など返すことは出来ないものです。
少しでも手助けが出来れば感謝だなぁという思いです。

理由その②「これが最後かもしれないから」
冗談でもないんですよね~。
用事を依頼される先輩牧師は、70代後半が多いのです。
「あの時、断らなければ良かった」と後悔したくはありません。

理由その③「教会員の皆さんと歩調を合わせる」
教会員の皆さんは、上司からの無理難題を日々受けとめ、
エペソ6:5-7を思い起こしながら仕えられています。

私の場合、先輩牧師は基本的に上司ではありませんし、
毎日顔を合わせるわけでもありません。

ましてや牧師の働きは基本的に主の働きですから、
教会員の皆さんのことを思えば、
時間のかかる頼みごとでも引き受けます!



さて先週、そんな時間のかかる頼みごとを引き受けました(笑)
テキストファイルの無い、過去の文章の文字起こしです。

昨年も5万5千字の文字起こしをしました。
「OCRを使えたらなぁ」と思ったのですが、
そういうソフトも無いし、私には出来ないのです。
打ち込みながらとっても勉強にはなりましたが、肩も凝りました(笑)

そして今回も5万字の文字起こし。
理由その①~③が頭に浮かびます。

ま、睡眠時間を毎日1時間ずつ削ってやろうかと思っていました。
しかし「もしかしたら」とOCRについて調べてみると、
「これ、簡単に出来るんじゃないか!」と思い至りました。

ソフトもプリンターに付いているじゃありませんか!
恐る恐るチャレンジしてみました。
スキャンした画像をOCRにかけると以下のような文字が。

OCR

やっぱり無理か・・・・・・とあきらめないで、
「もしかして画像が横になっているのが問題なのか?」と推測し、
画像を縦にしてみると、あっという間に文字認識されるじゃありませんか!

もちろん認識しにくい文字も多くあるのですが、
それでも5万字の文字起こしをすることを思えば、
21世紀に生きている感謝がふつふつと湧き上がってきました(笑)
(OCRは、20世紀からありますが)

こんなに簡単にOCRが出来るとは!
引き受けたからこそ、出来るようになったので、
文字起こしを依頼して下さった先輩牧師に感謝です♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |