FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

幼少より

先週のCA(青年部)キャンプの様子などをレポートする予定なのですが、
その前にキャンプ中に発見したことからの話題です。

自由時間にある先生とお話しをしていたその部屋に、
懐かしい本がたくさんあるではありませんか。

それは、学研の「ひみつシリーズ」です!
幼少の時、母方の祖父が毎月、本を送ってきてくれた中に、
この「ひみつシリーズ」がたくさんあったのです。

「ひみつ」シリーズ

マンガなのですが、何度も何度も読み返し、
祖父が送ってくれる本によって、私の知的好奇心が養われました。

小学校、中学校と勉強嫌いにならなかったのは、
(かと言って、勉強好きでもありませんが)
遠く下関にいる祖父が送ってくれる本によるものだと思っています。

ちょうどお盆の時期のキャンプということもあり、
「ひみつシリーズ」の背表紙を見ながら、
祖父への感謝の思いに浸っていました。

もう1つ、キャンプ場で驚いたものは、電子ピアノです。
こんな立派で、高価そうな、最新式(?)の電子ピアノは、初めてです。

まるでエレクトーン並みの機能と、色鮮やかなパネル、USB端子もあり、
鍵盤の感覚も生ピアノのようでした♪

高価な電子ピアノ

何人かの奏楽者も、この電子ピアノに驚き、
「持って帰りたいね」と話していました。

ただ私の場合は、「グランドピアノ」のボタンしか使わなかったので、
多くの機能があっても宝の持ち腐れで、やはり生ピアノが一番ですね。

小学生の時に嫌々エレクトーンを習わされていたので、
コードが少し分かるという点で、賛美を弾くハードルが下がりました。

無理やりのように習わされて、練習もしなかったのですが、
幼少時に習っていたことが、少しだけ役に立っているのも事実です。
こちらは、月謝を払い続けた父と母に感謝ですね。

読書も音楽も、どちらも「モノ」にはなっていないのですが、
しかしどちらも私なりの主体的な喜びを得ていることは感謝です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |