FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

埋められて

前歯と奥歯の間ぐらいにある歯に被せていたものがとれて、
「早く歯医者に行かなければ」と思っているうちに4年近く経っていました。

その時は、次週にでも行こうと思っていたようなのですが、ずるずると・・・。
我ながら、物臭ぶりに驚いています、否、呆れています。
(4年前の記事「とれちゃった・・・」)

詰め物
(4年前にとれた詰め物。けっこう大きいですね)

1日4回は歯を磨くので、虫歯は進んでいないと思うのですが、
しかし大きな詰め物がとれたので、その空間に食べ物が挟まります。
この4年間のつま楊枝の使用量は、過去36年間を大いに上回っています(笑)

また体が疲れてくると、その歯が痛くなるんですよ。
時には、少量の出血も・・・。

もうこれ以上は放置できないと、先月、ついに歯科へ向かいました。
良い歯科をSさんとHさんに教えてもらっていました。

4年間も放置していたのですから、きっと抜歯だろうなぁ。
「あー、40歳で早くも差し歯の人生とは、何とあわれなことか。
 五体満足に産んでくれた親に申し訳ない」などと、
演歌のような哀愁が漂う気持ちで口を開けていました。

「あー、これね」、「どれどれ」と、夫婦の歯科医が代わる代わる、
私の小さな口の中を覗きこまれます。恥ずかしいやら、情けないやら。

職業欄に真面目にも「牧師」と書いてしまったことを少々後悔し、
物臭な姿を世間に見せてしまって主にも申し訳なく思っておりました。

「抜かないといけませんか?」と恐る恐る尋ねてみると、
「いえいえ、抜くなんて!金属を詰めれば大丈夫ですよ」と話されて、
ほっとひと安心しました。そして何度か通って治療を終えました。

歯医者の椅子

北見で最初に行った歯科は、ちょっと残念なところだったので、
SさんとHさんのお勧めに心から感謝しました!

歯科の玄関には、靴を履くための椅子が置かれていました。
なるほど、こういうひじ掛けの付いている玄関用の椅子があるのですね。
院長夫妻の優しさが垣間見れます。

大きく空いた歯の穴が埋められ、
かたい食べ物も両方の歯で食べられます。

さあ、明日は礼拝です。
心に空いた穴をも、その慈しみによって埋めて下さる主に向かって、
心からの礼拝を捧げます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |