FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

少々揺れています

8月30日(金)、教会の横に薄い壁が建ちました。
前日から、カンカン、コンコンしていたのは、このためでした。

こうやって壁が出来ると、少しずつ実感してきますね。
そして思うことは、冬の雪捨てをどうするか・・・。

ま、「アドナイ・イルエ」(主の山に備えあり)ですから、
私が心配したところで雪の量が減るわけでもありません!

20130830

下水管や基礎関係のことをしているのでしょうか、
穴を掘ったり、埋めたり、コンクリートを流したりの工事が続いています。

これが「お、地震か」と思うぐらい、けっこう揺れるんですよ!
大阪では、大きな工事をする時に近隣宅の壁などの写真を撮っていました。
それは「工事でここが破損した」という時などの確認のためです。

しかし北海道ではしないのでしょうか?大らかだから?
基本的に北海道の土地は広いから、そういうことは必要ないのでしょうか?

私が体験した大阪の場合は、実家近くの踏切工事、
また教会前の団地建設など公共事業的な工事だったから?
いやいや、実家の横にマンションが建つ時も写真を撮りに来ました。

ま、私たちの教会の場合、外壁は新しいのですが、
築40年以上ですから、けっこう最初からヒビっぽいのがあります。

壁紙クロスも、みんなでワイワイ言いながら貼ったのでしょうね、
あちこち継ぎ目やカッターの線、水不足のシワやクラッシュが・・・。
写真を撮ってもらうのも恥ずかしいかも(笑)

8月30日の様子
(8月30日の様子)

いやいや、それでも、まだ大した工事でもないのに少々揺れているので、
やっぱり写真を撮ってもらっておいた方が、お互いのために良さそうですね。
外壁とか、窓枠とかも。現場監督に尋ねてみようっと。

果てさて、教会の隣地にどんなものが建つのか、
明日のblogで紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |