FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

先月初めのコンサート

1ヶ月前の11月3日、同じ市内にある教会で開かれたコンサートに、
その教会の先生に招待チッケトを頂いたので参加してきました♪

日曜日の夜ということもあり迷ったのですが、
仕事のために来れなかったSさんとの第2礼拝をこのコンサートに振り替え、
また月に1度のペースで礼拝に来られる2人の青年も誘い、
5人での参加となりました。

歌ってくれたのは、ただ今売出し中(!?)のナイトdeライトです!
Live(生)で聞いたのは初めてで、届く音を奏でていましたね。

ドラムのM君(牧師だから先生なんだけど)、
身体全体で喜びのリズムを刻んでいるのが印象的でした。
カホンって、あんなに音が出るものなんですね。

20131103コンサート

音楽は感性で受けとめていくものですが、
社会学部出身の私は、社会学的に分析していました。

バンドメンバー4人中3人が、北海道の牧師の息子たち。
しかも保守的な長男ではなく、次男や三男だと思います。
ボーカルがもともと「クリスチャン・クリスチャン」していません(?)。

そういうメンバーだからこそ、一般の方々に届く「音」と「感性」を持ち、
教会向けではなく一般向けでやっていくセンスがあるんだろうなぁと思います。

笑いのセンスは、「道産子だなぁ」という感じの東日本風で(!?)、
ファンとの間に暖かい空間を作り出していました。

コンサート後、CD購入とそれにサインをしてもらうために、
行列ができている人の中をすり抜けていると、
誘った青年2人がその列に並んでおりました♪

彼らの心に響くものがあったのでしょう。
そのことがとっても嬉しかったです。



サインをしているドラムのM君(牧師ですが!)に声をかけて、
「祈ってるよ~」とエールを送り握手をしました。

M君は、「誰だっただろう、この人は???ここは北見だから・・・、
あの時の・・!!」と頭の中のCPUを高速回転させているようでしたが、
「ありがとうございます」と笑顔で答えてくれました(笑)

時間がなかったので列には並びませんでしたが、
必ずCDを買いますからね~。



お招き下さったH先生にも感謝しつつ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |