FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

雲のように

今年の5月、4歳のSちゃんがガラス戸に突っ込み、
ガラスが大破した事故(事件!?)がありました。

玄関のカラス戸②

怪我がなくて本当に良かったのですが、
Sちゃんの怪力ぶりは相変わらずです(笑)

その後、内玄関のガラス戸は外したままにし、
夏を迎え、秋が過ぎ、冬になった今、
やはりガラス戸を入れる必要があります。

「こういうガラスの破損も火災保険が下りるのでは?」と、
ある方がアドバイスを下さったので問い合わせてみたのですが、
私たちが加入しているタイプのものでは無理でした。

来年から、物損も可能な火災保険に変えるつもりです!
もちろん、これ以上Sちゃんによる破損がなくなることを望みますが(笑)

そして先月、近くのガラス屋さんに来てもらって、
ガラスを入れてもらいました。

内玄関のガラス戸

ガラス屋さんとも相談しながら、割れないアクリル製にしようか、
でもアクリルはちょっとしたこで傷がつきやすいとのことで、
結局のところ曇りガラスを入れてもらいました。

「ここにはガラスがあるからね。
 今度ガラスに突進していったら、ガラスで体が切れて、
 顔や腕から血がいっぱい、いっぱい出てきて痛いよ!
 そしてガラスで切ったら、大きな傷が残るからね」

Sちゃんに、強く強く念を押して教えました。
ちょっと怖がっている様子もあったので、
私の脅し(!?)もまだ通用すると思ったのですが、
その後、何事もなかったかのように走り回っておりました・・・。

礼拝堂のガラス戸

礼拝堂の手前にも同じようなガラス戸があり、
割れてもいないこの2枚を曇りガラスに張り替える余裕はなく、
妻とアイデアを出し合って断熱効果のあるシートを貼りました。

プチプチだと「いかにも・・・」という感じですが、
筋状のものなので、これなら年中貼っておけるかなぁと思います。

今度はSちゃんに「剥がさないように、めくらないように」と、
「この戸を開けたら閉めること」の2点を根気よく教えていこうと
思っています。

ガラス戸の下部分が曇りガラスになったことで、
礼拝や祈祷会に、主の栄光と臨在が雲のように満ちていくことを
願ってやみません(^^♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |