FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

クリスマスCDなのに

毎朝、妻と共に礼拝堂で聖書を読み、分かち合い、
そして共に祈るひと時を持っています。

祈る時は、妻はソファで、私は講壇側へ行きます。
これが、きっと私たちの生命線なのだろうと思っています。

お互いの聖書解釈の違いで、特に私が正しさを主張するので、
夫婦喧嘩のような気まずい空気が流れることもありましたが、
そのあたりのさじ加減(?)も学んで大人になっています(笑)

「というのは、神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる」 へブル4:12


聖書を真ん中にして、夫婦喧嘩って情けないなぁと思ったのですが、
真実な神の言葉だからこそ、お互いの持っているものが出るのでしょう。

時に、妻の真摯な御言葉の応答を聞きながら、
私自身がへりくだらされることもしばしばあります。
(逆はあまり聞いたことはありませんが・笑)

クリスマスCD

そして祈りの時は、主にインストのCDを流します。
アドベントに入るとクリスマスのCDをBGMにします。

結局、祈りが深まってくると、BGMは聞こえてこないので、
流れていても流れていなくても関係ないのですが・・・。

先日、岸先生の「クリスマス名曲讃美歌集」という
サクソフォンをBGMに祈ってたら、違和感のある曲が流れてきました。

「なんだ、なんだ? クリスマスに演歌? 
 哀愁のあるメロディだなぁ」と思ってジャケットを見ました。

するとBonus Track(ボーナストラック)として、
「冬のソナタ・『最初から今まで』」という曲だったのです(笑)

これって「クリスマス名曲讃美歌集」なの?
多分、岸先生がこのCDを録音した時に、ブームだったのでしょうね。
 
見てはいないのでどんなドラマなのか知りませんが、
さすがに冬ソナをBGMに主と交わって祈ることはできませんね。
すぐに別の曲に変えました!

さあ明日はアドベント第3週の礼拝です♪
冬ソナは歌いませんが、クリスマスキャロルを味わいつつ賛美します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |