FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

星と砂粒 【No.123】

今週の日曜日、
礼拝メッセージの中で以下のようなことを分かち合いました。

先週、北見の星空を眺めました!
「星と星の間に星があるなぁ」という感想です。
大阪では見えない星が見えるんですね。
澄んだ空に瞬く星はやっぱりきれいですね。

ある神父が友人たちと星空を見ながら話し合ったことを本に記していました。
海辺の砂浜の上で、満天に輝く星を見ながら、
「地球上の砂粒と宇宙の星の数ではどっちが多いと思う?」
と尋ねたのでした。

星と砂粒

どうでもいい話しのようで、ちょっと盛り上がったそうです。 
砂粒派は、「この海岸にも無数の砂粒があり、海の底にもある。
サハラ砂漠ようなところにも。砂粒の方が多いよ」とのこと。

星派の人は「大宇宙をなめてはいけない。太陽系だけでも相当な星がある。
小惑星もあり、銀河系以外にもたくさんの星がある」とのこと。

喧々諤々(けんけんがくがく)で盛り上がった結果、
「専門家に聞こう!」ということになり、
友人の宇宙物理学者にその場で電話したそうです。
(友人に宇宙物理学者がいるところもすごい・・・)

その結果、返事は明快で、
「圧倒的に星です。宇宙は開放系ですから可能性は無限です。
閉鎖系の地球の数値など比較になりません」とのことでした。

星空

何だかすごいですね!
日々、今日も新しい星が生まれているんですね。

創世記15章、神様はアブラハムに言われました、
「さあ天を見上げなさい、星を数えることができるなら、それを数えなさい」。
今よりも汚れていない空、アブラハムは満天の星を見たことでしょう。

数えることのできない星、地球上の砂粒よりもはるかに多い星。 
「それほどに、わたしはあなたを祝福する!
 あなたは祝福の基となる」
そんな神様の思いは、アブラハムだけでなく、私たちにも向けられています。
秋の長夜、しばし星を眺め、神様を思いたいですね。




日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<牛の昼寝 【No.124】 | ホーム | 屈斜路湖&摩周湖 【No.122】>>

コメント

星って無限なんだねすごい
実家を満喫中のかおりでした
2009-09-26 Sat 20:58 | URL | かおり [ 編集 ]
Re:
かおりさん、どうもです♪

先週、すっごい星空、満天の星を見てしまった!!!
言葉にならない・・・・
また夜中に見に行こうと思う。
2009-09-28 Mon 22:19 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |