FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2013年のキャンドルサービス

北国で初めて過ごす2009年のクリスマス、
キャンドルサービスの日に大雪が降り、何度も雪かきをしていました。

昨年の12月は、早くも何度かマイナス20度を下回り、
そして昨シーズンの冬はけっこう厳しかったんですよね~。

しかし今年は、クリスマスまでの雪かき回数は3回、
そしてクリスマスとキャンドルサービスの日も穏やかな天候となりました♪
(24日は、けっこう降りましたが)

それでも同じ北海道でも太平洋側は雪が少なく、
函館や釧路では雪の無いクリスマスだったそうで、驚きです。

クリスマス礼拝の朝
(12月22日の朝)

さて今年のキャンドルサービスは、点火、賛美、
聖書朗読と進んでいくのですが、聖書朗読の場面を描いた聖画を映し出し、
画家が込めた思いや、聖書のメッセージを分かち合いました。

そしてHさんにはピアノではなく、エレクトーンを弾いてもらい、
クリスマスの音色を奏でていただきました。

突然でしたが、一部の最後の「きよしこの夜」を日本語で賛美した後、
ネイティブのGさんにリードしていただき、英語でも賛美しました。

皆さん意外とバイリンガルで、「t」の発音までなされていたのですが、
発音の難しい単語になると、ボリュームが一気に下がっていました(^_^;)

ゴスペルに来られていたNさんや、Sさん一家も集われて感謝でした。
IちゃんやTちゃんも大きくなっていて微笑ましくなりました。
食欲もけっこうあるそうです(笑) 頼もしいです!

20131223キャンドルサービス

今回、私はガウンを着ながら司式をさせていただきました。
北海道に来て結婚式や葬儀もなく、一度も袖を通していなかったので、
厳かな雰囲気を醸し出すために(?)来てみました。暑かった(笑)

2部ではクリスマスのドーナツをいただきながら、
恒例の「今年の私の漢字」を発表しながら自己紹介の時を持ちました。

「先生、僕は生まれて初めてクリスマスをお祝いしました。
 家でもツリーを飾ったり、ケーキを食べたこともありませんでした。
 こうやって教会でクリスマスを祝えて嬉しいです」

そう私に話してくれた青年の言葉が、印象的でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |