FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

歌い継ぐ

教会の礼拝で歌う賛美は、様々なジャンルを選んでいます。
賛美は音楽なので美しいメロディが良いのですが、
やはり歌詞の内容が良くないとパスしますね、残念ながら。

基本的には老若男女が賛美できるメロディとリズムのもので、
讃美歌・聖歌という歌い継ぐべき伝統的な賛美や、
現代的なpraise&worshipを賛美しています♪

そして昨年気づいたことですが、
教会のメンバーには教会学校から育ってきた方がほとんどおられず、
子ども向けの賛美を知らないということでした。

そこでごくたまにですが、礼拝の中で子ども向けの賛美を、
皆さんと一緒に賛美することがあります。

「両手いっぱいの愛」を賛美した時など、
皆さん素直に主イエスの愛を受け取っていました♪

今年、楽譜を取り寄せて賛美したいなぁと思っているのが、
「花も」という曲です。



作詞と作曲は、「MEBIG」なので北海道なのですが、
何故か沖縄調のメロディなのが面白いですね。
また大人向けのような子どもが歌える賛美ですね。

「まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。」マルコ10:15


昨年、車で長距離移動中に子ども向けの賛美が流れてきて、
その歌詞の素直さに思わず涙がこぼれそうになり、
隣の妻にばれないように賛美していました。

眉間にしわを寄せ、難しいことばかり考えていないで、
子どものように神の国を受け入れる心を取り戻すために、
子どもの賛美って良いですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |