FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

1本の違い

先週の金曜日、天気予報より2度低かったことにより、
1F台所の水道が凍ってしまったことを土曜日のblogに記しました。
マイナス20度を超えた時のことで、今日はその続きです。

凍結中
(凍結した1F台所の水道。最初はわずかな水滴のみ)

妻の了解を得て、水道管があるであろう流しの下の板を壊し、
しばらくドライヤーで水道管を温めても水が出てこないのです・・・。

「これはおかしい」と思い、はっと気づきました。
「まさかこの配管は、お湯用では?」

懐中電灯で覗き込んでみると、ありました、ありました、もう1つの水道管が!
さらに流しの下の板を破って、もう1つの水道管にドライヤーをあて続けると、
どぼ、どぼ、どばーっと水が出て来た次第です。

解凍中②
(左側がお湯用、右側が水用の配管)

配管1本の違いは、大きな違いでした(笑)
床下をのぞき込んだり、金曜夜、全部で約1時間半の作業でした。
水が出るって、感謝なことなのですね~。

1F台所の水道は2F台所の水道とつながっていて、
しかもお湯が出るのでボイラーともつながっていて、
普通の水抜きは出来ず、ボイラーの水抜きもしなくてはいけません。

このボイラーの水抜きが大変な作業なのか、どうなのか、
とにかく水抜きを頻繁にしない方が良いとのこと。

だから北側にある1F台所の水道を凍らせないように、
ファンヒーターのタイマーをその時の気温に合わせて、
妻がこまめに設定しているという段取りです。

様々な配管

上の画像は、1F台所の横にある脱衣場(ボイラーのある場所)の配管で、
Aがお湯で、1F脱衣場の洗面、浴室、台所、2F台所につながっています。
BとCが水で、上記のそれぞれの場所につながっています。

水抜き用のコック(元栓)が新と旧と2つありますが、
私には「???」です。
この入り組んだ配管のように、難しい水の流れをしている教会です(笑)

果てさて、毎年、毎年、雪対策、凍結対策を試みながら、
徐々に道産子になりつつあると勝手に思っている私です。

なのでこの1F台所は「もう2度と凍結させないように」と、
あの手、この手の対策をしようと考えていた大寒(月曜日)の朝、
「あ~、困った・・・」という妻の非常事態宣言により起こされました。

今度はどのような非常時にあいなったのか、
それはまた明日以降の記事にてご紹介します!
(多分、明後日か明々後日ごろ)

PS.
「非常事態宣言」とか何とか、大袈裟なことを記していますが、
そう言いながらけっこう楽しんでいますので、ご心配はいりません!

盟友・長澤先生の「元気です!ながさわです!!」のように、
「元気です!ひよしです!!」、「生きてます!ひよしです!!」、
「凍ってません!ひよしです!!」という感じです(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |