FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

非常事態宣言の解除!

今年の大寒の日(1/20)とその翌日は、記憶に残る日となりました。
ストーブが結露のために点かなくなり、また夜には2F台所の水道が凍結し、
破裂させないためにいろいろと対策をとりました。

冷え込む夜中、床下にファインヒーターを設置して、
妻と交代で点検をしながら一晩を乗り越えましたが、水は出ませんでした。

しかし私たちの目標は、昼まだと凍った水道管から水を出すことですが、
夜中なので水道管を破裂させないことでしたので、これで「良し」です。

一番寒い朝の冷え込みを乗り切り、ストーブもエラー表示のままだったので、
妻が昨日の業者に電話をして来てもらいました。2名来られました。

ストーブのエラー表示は、灯油の管を清掃することで大丈夫でしょうとのこと。
しかし水道管の方は、凍結の場所を探すのが難しいとのことでした。

凍解

業者の方は1Fと2Fの間の配管、また床下の配管を確認され、
私が「ダメもと」でドライヤーで温めていた配管と元栓を線でつなぎ、
「これでは無理だろうと思いますが」と言われながら電気を流し始めました。

2Fの台所で水が出るかどうか見守っていた妻からの電話がなり、
「あー出た、出た~、出てる~。今、完全に出た~」と、
無事に水が出たとの報告がありました♪

業者の方と顔を見合わせて微笑みました。
電気の力って、すごいですね~。

水道管の周りには断熱材が多く設置されていたのですが、
さらに巻いた方が良いでしょうと言われるので、
「では昨日、1F台所用に買ったこれを使えますか?」と、
ホームセンターで買った断熱材をお渡ししました。

床下に断熱材

業者の方が狭い床下に潜り、凍結しないように巻いてくれました。
1巻き398円の断熱材が、役に立ちました。

もう1人の方が担当していたストーブの管の清掃も、無事に終わりました。
結露の泡と汚れもあったとのことでした。(何の汚れでしょうね?)
その後のストーブは、妻いわく「いつもよりもよく燃えている」とのこと。

これで先週から続いた非常事態宣言は、全て収束しました。
第1回は、1F台所の水道管の凍結。
第2回は、2Fリビングのストーブのエラー表示。
第3回は、2F台所の水道管の凍結。

朝の9時過ぎから、12時半ぐらいまで作業をして下さった業者の方が、
申し訳なさそうな顔をしながら見積書(請求書)を持って来られました。

いつもは少しでも勉強してもらおうと思うのですが、
2日にかけて来てもらい、無事にストーブがつき、水も出たのですから、
ホッと一安心したこともあり、そのままの金額をお支払いします。

灯油の管の清掃費が5千円、水道管の凍解作業費が5千円で、
合計1万円の出費となりました。私の予想は1万5千円だったので、
今後の対策もしていただいたので、こちらの良い勉強代となりました。

水が出る、ストーブに火が点くって、
何て感謝ことなのでしょう(涙)

明日は、今まで凍結したことのない2F台所の水道管が、
どうして凍結したのか、その原因を記します!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |