FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

やっと貼れました

礼拝堂の床がP(パンチ)カーペットだったので、
足元が冷え、小さなゴミが絡まって取りにくくまた目立つこと、
そして原色なので少々目にきついことが気になっていました。

「いつか床を何とかしたい」と思い続けて丸5年間、
先週、やっと床にタイルカーペットを敷くことが出来ました♪

1枚50cm×50cmが16枚入ったセットを14箱、
礼拝堂用に全部で224枚を購入しました。
(その他、1Fトイレ前用に40枚)

16箱のタイルカーペット

私より10歳ぐらい年上の運送屋さんが2箱ずつ玄関に運んで下さり、
私は安全策で1箱ずつ礼拝堂に運びました。その重いこと、重いこと。

当初、妻が「柱もあるから内装業者に頼もう」と珍しく言うので、
絨毯の場合、タイルカーペットの場合などなど、見積もりを取りました。

するとホームセンターで購入して、自分で貼った場合の3倍の費用・・・。
すぐに女心(?)は変わったようで、自分で貼ることとなりました(笑)

北見に来て1年目に、母子室や2Fの祈祷室にタイルカーペットを敷いたので、
だいたいの段取りは分かっています。

カーペットを貼る前

先週の火曜日、ただ今売出し中のR君の仕事が休みということで、
「手伝います」と言ってくれたのでとっても助かりました。

前夜からの凍結による非常事態宣言で、
夜中もあまり眠れないまま朝を迎えたままでしたが、
20歳の青年に負けないように(?)リポDを飲んで作業に入りました!

2Fのストーブや凍結した水道を直しに来た業者の応対もあったので、
R君のヘルプは本当にありがたかったんですね~。

踏まれてしまうカーペット貼りの地味な作業です。
裏に貼る両面テープで深爪になりながら、
誰が貼ったのかなんて忘れられてしまうものです。

それでも皆さんの足が冷えないように気持ちを込めて1枚1枚貼っていく、
そういう目立たない働きの大切さをR君と共有できて感謝でした。

カーペットを貼る前②

かてつ母子室だったピンク色の部分、壁を壊した跡の板がむき出しで、
よくぞこのままの状態で1年半も放置していたものです。
慣れてしまった感も大いにありましたが(笑)

どのように仕上がったのかという「before⇒after」は、
明日の記事にて紹介します♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |