FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

再びの音色

講壇の後ろの物置に、ずっと眠っているギターがあります。
エレキとエレアコとアコギの3本です。
その内の1本、エレアコが再びの音色を奏で始めました。

ギター④
(この壁の向こうに眠っていました)

先月、所用のために北見に来られたOさんが、
このエレアコに息を吹き返してくれました。

そしてこのギターが使えるように、弾きやすくなるように、
いろいろと診断・修理・改造(?)をしてくれました。

何年間も眠っていたからかそれなりの音色だったのですが、
Oさんがしばらく弾き続けると、だんだん良い音へと変わっていきました!

「ギターもいじけていたのかも」・・・とのこと。

ギター①

思い出せば去年の今ごろ、Oさんご夫妻の転勤の内示があり、
とっても寂しい思いをしたのですが、祝福をもって送り出しました。

月に2奏楽をして下さっていたOさんのギターの音色が消え、
その1年後にTさんがギター奏楽の奉仕を始めたのが今週の日曜日でした。

Tさんも前日の奏楽練習にしっかりと加わり、
祈りつつ準備をし、礼拝時も賛美の音色を奏でていました。

ギター③
(Oさんが弾かれている様子)

エリヤからエリシャにマントが引き継がれたように、
OさんからTさんへギターが引き継がれていきました。

ダビデが竪琴を奏でた時のように、主に捧げる賛美の中で、
このギターのように再びの音色、人生の喜びの音色を奏でる方々が、
1人、また1人と加えられていきますように。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |