FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

お手伝いを

もう先月になってしまうんですね。
3月18日、引っ越しのお手伝いに妻と一緒に出掛けてきました。

現地でF先生と合流し、2人で本を段ボールに詰めたり、
様々な荷物の整理をお手伝いしました。

妻は、やはり女性ですね(当たり前か!)。
細々としたところ、台所関係などなど、一緒に来てくれて助かりました。

魚屋さんの食事処
(魚屋さんのお食事処の前で)

「ささやかですが、送別会という名の食事会をしましょう。
 臨時収入が入ったんですよ」とF先生に誘われて近くの魚屋さんへ。

魚屋さんが食事処を経営していると思うのですが、
この店に入るのは5回目ぐらいでしょうか。

今は一児の母となった、神学生の当時のK先生。
また同じく神学生だったS先生とも。
S先生夫妻ご一行様とも一緒に行きましたね~。

ささやかな送別会

そしてF先生とは、リフォームの時にもこの店に入りました。
なので記憶にある限り、5回目の入店です。

「なんでも好きなものを頼んでください」と太っ腹なF先生。
「お刺身定食でもいいですか?」と遠慮気味にメニューを示すと、
「どうぞ、どうぞ」とホントに太っ腹なお返事をいただきました!
(F先生のお腹は、何歳になっても太っ腹にはならないのに)

「もういいの?もっと注文しないの?」とさらに太っ腹な声を聞きながら、
3年間お疲れ様でしたという思いの中で4人で談笑しながら、
私にとっては豪華なお食事会となりました。

車の雪

先月の半ば過ぎですから、まだ雪が降っています。
帰りに車の雪を落として帰路に着きました。

車の屋根に積もった雪を落とさないと、風で後ろに雪が流れて、
後ろを走っている車の迷惑になります。
また雪で窓の外が見えないと危ないですしね~。

地吹雪の中

帰りはけっこうな地吹雪で、ちょうど1年前の3月初め、
この車を走らせている地域で、父親が娘を抱きかかえながら、
猛吹雪の中で一夜を過ごし、父親が亡くなったことを思い出しました。

もちろんその時ほどのものではありませんが、
「地吹雪」という言葉は北海道に来て身に沁みて知った言葉ですし、
運転しながら視界が見えにくいって、こわいですよ~。

そう言えばこの次の日の雪が、重量級の重さだったのを思い出しました。
別れのある3月。
その3月と4月の気候も、全然違うなぁと思い出しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |