FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

瞳の中に

北海道の4月は、疲れやすい季節なのかもしれません。
正確に言えば、疲れが出てくる時期なのでしょう。

長く雪に閉ざされ、雪かきや除雪、吹雪の季節を終え、
それらから解放されて子どものように喜ぶ人もいれば、
どっと疲れが出てくる場合、そういう年もあるように思います。

さながら、降り続ける真っ白の雪が、
雪融けで泥や砂を含んでべちゃべちゃしいるような感じでしょうか。

昨年末から委員会が増えて、仕事量が右肩上がりになっています。
働き盛りの40代ですから、まだまだ大丈夫です。

しかし40代で燃え尽きる牧師も多いと聞いていますので、
息の長~い働きですから、主の安息をいただきながら歩んでいきます。

私の黄色信号、蕁麻疹(じんましん)が出てきたので、
いったんいろいろ横に置いて、主の御霊で深呼吸をしようと思います。

JESUS

数日前に「疲れてますね?」と言われてしまい、申し訳なく思いました。
また昨日の委員会にスカイプで参加した私の疲れた顔が、
画面いっぱいに映し出されていて、恥ずかしかったですね(笑)

そんな昨日の委員会で、最初に聖書が開かれました。
ある牧師が何気なく語られた以下の言葉が心に残りました。

「イエス様の瞳の中に自分がいる・・・」

こういう表現は、初めてでした。
主イエスの眼差しが、いつも私に注がれていることは知っています。
そして私も主イエスを信仰によってしっかりと見つめているつもりです。

さらに同時に、主イエスの瞳の中に映る自分を見る、
そう聞いた時に、雪融けの気だるさのようなものが、
すーっと抜けていくような感じがしました。

自分を見つめるということは、そういうことだなぁと思います。
主イエスの瞳の中に映る自分を見ることで、
本当の自分の姿が主イエスとの関係の中で分かってくるような気がしました。

さあ、明日はイースター礼拝です!
死を打ち破られた主イエスを見上げて、喜びの礼拝を捧げます。

復活された勝利の主イエスの眼差しの中に、
私たちの姿が映し出されているのを確認しつつ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |