FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

実力者

日曜日の礼拝メッセージの断片集です。
午後に礼拝を通して、主が語られたことを分かち合いました。

ある方が「こういう時があるのが素晴らしい」と後で話されました。
私自身も皆さんの分かち合いから多くを教えられています♪

 勇気とか力というと、何かに立ち向かい、征服していくような印象も確かにあります。しかし本当の勇気、本当の力とは、受け入れがたいものを受けていていくような力ではないでしょうか。諦めないこと、逃げ出さないこと、嫌にならないこと、忍耐すること、待ち望んでいくこと、言いたいことを言い放たずに相手のために飲み込むこと、面倒くさいことをすること、そういう力こそ本当の力ではないでしょうか。見せかけの力ではなく、私たちは本当の力が必要なのです。



 クリスチャン医師の柏木哲夫氏が、「人生の実力」という本を書かれています。医師としてたくさんの方々を看取られてきた方ならではの言葉があります。物事が順調に運んでいる時には、その人の本当の力はよくわからないもので、「人生の実力」は、思いもよらない事態や不都合なことが起こった時に発揮されるそうです。多くのつらく悲しい経験をしてきた患者さんが、「幸せな人生でした」と締めくくるのを見ると、人生の実力者だと思いますとのこと。人生の実力とは、「自分の置かれている状況を幸せとまとめられる力」と定義できると思うと述べられています。

 キリスト者にとって自分が置かれている状況を「幸せ」とまとめるとは、そこに神が共にいること、神の見えざる御手をしっかりと認めることができること、砂漠のようなところにも主の恵みを見出すことだと思います。


人生の実力

 本当に力がある人は、言い訳を言わないで自分を素直に見つめることができます。本当の力とは、人々を従わせるような権力ではなく、自分の間違いを素直に認める、そして「ごめんないさい」と言える、そしてそれを悔い改めていこうとする、それこそ主イエスが示された本当の力です。時の権威者たちは、権威がどこからかと主イエスに尋ねながら、悔い改めるというバプテスマを軽んじ、本当の力を持ち合わせていなかったのです。



 愛する兄姉、悔改めは恵みです。このことは、忘れずにいたいのです。「謝ったら負け」、間違いを認めたら損をする、そのようなところがないわけではありません。しかし自分の罪や弱さを認めて、謝って、悔い改めていくことは、自分の評価や価値を下げることでも、全然恥ずかしいことでもありません。むしろそのままにしていることの方が恥ずかしいことなのです。

 「主よ、赦して下さい。この罪を解放して下さい。改める力を下さい」、そうやって悔い改めて主に近づく者は、神の力を体験することができます。主イエスが口にされた最初の言葉を思い出しましょう。「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」です。悔改めに生きる時、神の国を、神が生きておられることを体験することができるのです!



20140504
(約250字のメッセージのエッセンス⇒「本当の力」)

 祭司長たち、律法学者たち、長老たちは、論じ合うばかりで答えようとしませんでした。「分かりません」と主イエスの問いかけを無視しました。そんな彼らに主イエスも「あなたがたに話すまい」と言われました。主からの問いかけを無視していく時、私たちは主から本当の答えをいただくことはできません。

 聖書を読む時、また祈る時、私たちは主からの問いかけを聞くことが大切です。もちろん聖書の言葉をどのように解釈するということも大切です。自分勝手に解釈してはいけません。しかし同時に、聖書を読む時に、御言葉によって自分が解釈されるていく、主から問われていく、そういう聖書の読み方こそが、本当の読み方です。
   
 私たちは「神様どうしてですか?」と問うことが多いものです。しかし信仰の世界とは、実は私自身が問われているのです。「あなたはどうなのか?」、「あなたはわたしを愛するか?」、「1時間も祈っておれないのか?」、「直りたいのですか? それは本気か? 本気で治りたいのならそういう生活はしないのでは?」、「よくなりたいのか? それともよく見せたいのではないか? よく思われたいのでは? 本当によくなりたいのか?」、「本当に信じている?」などなど、しきり主は私たちに問いかけているのです。その問いかけに答えていく、それが信仰生活です。



礼拝後の分かち合いで、難病のTさんが
「教会に来ることができる、僕はHAPPYです」と言われました。
難病を患いながら、不幸や不平・不満に支配されておられず、
まさに柏木先生の言われる「人生の実力」者だなぁと思いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |