FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

懐かしい声

今年の2月ぐらいだったでしょうか、所属グループの事務所に電話をして
私の所属教会と名前を名乗った時、電話口の方が「あー♪」と言われます。

「事務のどの方だろう?」と思っていると、「旧姓 + Aです。」と言われます。
「え~!?Aちゃん?」と言うと、「覚えておられますか~?」とのこと。

覚えているも何も、大阪時代の近隣教会のAちゃんで、
教区青年部の集まりの後は、よくお兄さんのH君の車に乗せてもらい、
お交わりをしながら帰ったものでした。

「なんで事務所にいるの~?」と尋ねると、「結婚して、C教会にいます。
そしてA先生が紹介してくださり事務所のお手伝いをしています」とのこと。

「そう~~」と、語尾を伸ばして強く発音する関西のイントネーションになりながら、
「3月に行った時は、北海道のお土産を持って行くよ!」と言うと、
「いや~、そんな、先生・・・、たくさんお願いします!」と仰られました。

こういう切り返しが随分ご無沙汰だったので、
「あ、あ、う、うん・・・」というような返事になりました(笑)

4月1日の朝
(4月に行った時の本部施設)

そして3月に久々に会ったAちゃんは、ショートカットになっていて、
言われなければ私には全く分からない顔になられていましたが、
雰囲気はやっぱりAちゃんのままでした。

この時、約束通りにお土産を持って行ったのですが、
不意に他の牧師からお土産をいただいて、
Aちゃんに渡すもので思わずお返しをしてしまいました。ゴメンネ。

4月に会った時、「これお土産~。旦那さんと食べて~」と、
妻のお気に入りで、ちょっと美味しい北海道の鮭フレークを渡しました。

翌日、「先生、昨日、主人といただきました。美味しかったです」と言われ、
「あ、そう。それは良かった」と言うと、
またお願いします」とニコッと笑いながら言うではありませんか!

再び「あ、あ、う、うん・・・」と返答に戸惑った私でした(笑)
こういう時は、どういう返答をすれば良かったのでしたか???

しかもAちゃんって、こんなコテコテじゃなかったはずですが・・・。

私もそうでしたが(!?)、大人し目の関西人が関東に行くと、
周りの期待に応えて何か面白いことを言わねばと、
関西では言わないようなことを言って笑わせることがあります。

あるいは、結婚されて強くなったのでしょうか?
とにかく、懐かしい声が事務所に響くのは、嬉しいことですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |