FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

繰り返しつつ

時々、読み返すべき言葉を聖書に挟んでいます。
「である調」で記している大阪時代の旧blogでも一度紹介しています。
(「初心」)

それは神学生時代にクリスチャン新聞から切り取り、
それをコピーしたものです。

 「かつては、自分を表すことが好きだった
  今は、キリストのうちに隠されたいと願う

  かつては、人にほめられることを求めていた
  今は、キリストに喜ばれたいと願う

  かつては、奉仕の成果を求めていた
  今は、主の御心が成し遂げられることを喜ぶ

  かつては、知恵によって御言葉を語っていた
  今は、聖霊の力に頼る

  かつては、思いのままに人をさばいていた
  今は、キリストにあって自らを顧みる

  かつては、奉仕の忙しさを喜んでいた
  今は、耐え忍んで待つことを学んでいる

  かつては、人に誉められる絶妙な御言葉の解きあかしを求めた
  今は、ただ、御霊の光に照らされることを喜んでいる

  かつては、経験によって語った
  今は、聖霊の導きによって語ろうとしている」

   (病に倒れ、激しい痛みの中で綴った中国の伝道者の日記から)



私の場合、「かつて」と「今は」というようにはいきませんね。
気づかない内に、前者がひっそりと、否、大きく、そして巧妙に
頭をもたげてきます。大きな罠です。

聖書
(もちろん私の聖書ではありません。イメージです)

忘れないように聖書に挟んでいるのですが、
聖書に挟んでいることを忘れてしまうのが私なんですね・・・。

ロマ書7章から8章へ、そしてまた7章に戻りまた8章へ。
程度の差こそあれ、そういう繰り返しなんだなぁと思います。
そしてそれを良い意味で繰り返していくことが大切なのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |