FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

100年前も、今も

6月1日の礼拝後、皆さんと愛餐会で美味しい昼食(タコライス)を食した後、
1つの短いDVDを皆さんで鑑賞しました。

そのDVDは、私たちの所属グループがどのように日本で始まったのか、
その足跡の一歩をたどり、C・F・ジュルゲンセン宣教師を紹介しています。
というよりも、ずばりジュルゲンセン宣教師来日100年記念DVDです。

ペンテコステの日を前にして、心が燃えました。
理屈抜きの、聖霊の力強さを確認しました。
2千年前に注がれた聖霊も、100年前も、そして今も同じ聖霊です。

CBCの通信科の部屋でたまたま見つけたDVDを戴きました。
関東北東教区長と武蔵野のS先生、渾身の力作です。
ナレーターのA先生の声が何とも言えない味わい深さなのです。

「こういう良いDVDは、AGのHPにUPして紹介し、
 全国の皆さんに分かち合うべきだ」と思っていましたら、
S先生がYouTubeにUPしているではありませんか!


英語版もありました)

ジュルゲンセン宣教師が来日されて101年目の今年、
北見ではピアソン宣教師が北見に来られて100周年を迎えています。

5月には、「希望のフェスティバル」の中継が北見と美幌でなされました。
6月(一昨日)は、世の光ラリーが北見市民会館小ホールで開かれました。
来週の記事で紹介しますが、とても素晴らしいひと時となりました。

7月には、引き続いてこの地域の人々に向けた福音宣教の機会があります。

「ピアソン宣教師、北見宣教100周年」とは銘打っていませんが、
ピアソン宣教師が愛したこのオホーツク地域の諸教会が心を合わせ、
この日本を愛したジュルゲンセン宣教師に注がれた同じ聖霊の力を受け、
1人の魂を愛して、主の福音を告げていきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |