FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

悔いた心♪

時に「愛」という言葉を使わずに、神の「愛」を語りたいのです。
例えば「愛する」を「大切にする」など。

また「罪」という言葉を使わずに、「罪」を語りたいのです。
例えば「居場所が違う」など。
「永遠の命」を「生き生きと生きる」などなど。

奇をてらいたいわけではなく、固定観念が強い言葉なので、
他の言葉や表現を用いることで、その豊かさを味わうためです。

「悔い改め」という言葉も、そういう言葉の1つです。
悔い改めることが、どんなに大きな恵みなのか、
そういうことを分かち合いたいなぁと強く願います。

「悔い改め」を「方向転換」とも言いますが、
それだけでは合理的過ぎてるかなぁとも感じています。

悔い改めとは主に近づくことで、
主イエスから離れることではありません。

しかしペテロが主イエスに「わたしから離れてください。
わたしは罪深い者です」(ルカ5:8)と言ったその時、
誰よりも主イエスに近づけられているのです。



「悔いた心」 Migiwa

言葉を並べても表せなくて
誇れるものなど何も見つからない

ああ あなたの美しさの前に
ただひれ伏し悔いた心ささげます

・・・・



言い換えはありませんが、神の聖さ、美しさのその前では、
「悔いた心」をささげずにおれないってよく分かります。
他に何をささげることができるでしょうか。

「神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。
 神よ。あなたは、それをさげすまれません」 詩篇51:17



そして何よりも、悔いた心をささげものとして受け取って下さる神がいる。
私の信じている主なる神は、なんと大きくて広くて深いお方なのだろう。

いつから福音は、「あなたは愛されている」という言葉に変わったのだろう。
いつから福音が、「ありのままのあなたでいい」と変化したのだろう。
主イエスの最初の言葉が迫ってくる。

この時から、イエスは宣教を開始して、言われた。
「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 マタイ4:17



私の目を見つめながら主イエスがそう言われる。
悔い改めるという恵みの道を、救いの道を開かれた主イエスがいる。
私の王国へのこだわりから、天の御国、神の力に生きる幸い。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |