FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

神戸へ

先月半ば、浜名湖へ祈祷聖会に出かけたその翌週、
会議のために神戸へ飛びました。

「大阪に戻ってきたなぁ」と思う瞬間、その①。
「あー、この蒸し暑さ。久し振り~」というもの。

梅雨が無いと言われている北海道から、
不快指数の高い梅雨時の関西が懐かしい・・・・、
と思ったのは最初の10分だけでした(笑)

「あー、大阪だなぁ」と思った瞬間その②
それは高速道路の降り口の信号待ちで、
ふと横を見るとゴミが投げ捨てられているところを見た時です。

湾岸線にて

そうだ、そうだ、大阪湾を通る湾岸線や臨海線、
信号待ちの時に車からのポイ捨て状態をよく目にしました。

実際に投げ捨てている場面はほとんど見たことがないので、
恐らく夜、暗闇の中で投げられているのでしょうね。

北海道ではゴミを捨てることを「投げる」と呼びますが、
さすがに観光の地域なので実際に投げている人はいません。

ゴミが捨てられている状態はもちろん好きではありませんが、
それ以上に「あー、大阪の湾岸線、臨海線だなぁと懐かしみました。

神戸にて

さて会議は、1日目が日付を超える午前様。
2日目も朝から続いていたのですが、せっかく神戸まで来たからと、
引退されたS先生を表敬訪問してきました。

S先生の「どうだ?元気にやっておるか?」、「うん、そうか」など、
言葉としては普通なのにとっても慈悲深さが伝わってきます。

何故か思わず涙が出そうになり、またその慈悲深さに手を合わせて
拝みたくなりますが、いくらS先生が仏教を専門に学ばれていたとは言え、
拝んでしまうと偶像礼拝になってしまいますね(笑)

いろんな懐かしさを覚える関西、神戸への訪問でした♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |