FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

壮年・婦人のキャンプ

今年の北海道教区サマーキャンプは、8月13~15日、
国立ひだか青少年の家を会場にして開かれました。

しかも十数年ぶりに、ユース(中高生)、CA(青年)、壮年・婦人が、
同一会場&日程でそれぞれのプログラムを持ち、とても賑やかでした♪

私は教区の中で、教区委員やその他の役目を幾つか担っていますが、
どこの部にも属していません。今回は、婦人部担当の妻の命令下で、
壮年・婦人部キャンプの奏楽や会場準備などなどのお手伝いをしました。

サマーキャンプでの奏楽

教区長の強い願いで、全ての方が集えるキャンプとなり、
また多くの教職、教職夫人も集うことが出来ました。

今回、教区の壮年の方々とお交わりできたことは感謝です。
若かりし頃の北海道教区での想い出も語って下さいました。

それぞれの教会で、家庭で、職場で、壮年として男らしく、
また祈りの手を挙げながら歩んでおられる証しも聞くことができました。

バーベキューの時など、壮年・婦人の皆さんが活躍され、
最後の後片付けまで丁寧になされていて頭が下がりました。

2014年サマーキャンプ

「共に成長する壮年・婦人」という主題で、新潟のT先生ご夫妻がご奉仕下さり、
分科会では壮年・婦人に分かれ、壮年ならではのお話し、
婦人もそうだったと思いますが、実際的な学びにもなりました。

F先生は「いやぁ、私は『愛してる』なんて言えませんよ!」と、
不従順さを暴露されていましたが、何らかの愛情表現はしたいと、
決心をされておりました。

笑いあり、涙あり、お腹もふくれ、
信仰的にも恵まれ感謝なひと時でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |