FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

牧師H

「少年H」ならぬ「牧師H」と言うと、私もHなので含まれるのですが、
ここでは先月、北見に来て下さったH先生のこと。
(名前は画像に出ているので、イニシャルにしている意味はありませんが・笑)

礼拝でH先生を紹介した時に、私との個人的な関係(?)もお話ししました。
まずは何と言っても、私たちの結婚式の司式をして下さいました。
だからこそ、今に至るまで夫婦仲睦まじく(?)、何とか過ごしています。

この結婚式で創世記からメッセージを語られた記憶しかありませんが、
「今日は何も話しても、お2人は覚えていないでしょうが」と言われた、
そのことは忘れないで覚えています。

また伝道師から牧師となる按手礼を受けた時、
教団理事の1人として按手して下さったのもH先生でした。

私はその時は特別なことを感じなかったのですが、
しかし聖霊が鳩のように注がれたようです(伊東のハトヤで!)。

H師と私

按手礼式の後で振り返った時に、私自身のつっかえていた1つのこと、
しこりや棘になっていたことが、癒されていることに気づきました。

そんな風に節目節目で、また節目ではない時にも、
陰で日向で、祈りと良きアドバイスをして下さる先生です、と紹介しました。

そして「この丸印でかこっているのが、H先生です!」と言うと、
思いの外、皆さんに受けたことが、何となく嬉しい私でありました(笑)

H先生と

今回、北見へ来る途中の足寄という町の道の駅で、
その町出身の松山千春と一緒に写真を撮ったり、
楽しくお交わりをさせていただきました。

そして後日、わざわざお葉書をいただきました。
そこに様々なことが記されていましたが、私は特に次の言葉を心に留めました。

「どうぞ 自分のことと教えのこととに気をつけて お身も大切に」

H先生からのハガキ

周囲のこと、人々のこと、いろんなことが気になったりするものです。
しかし自分自身は神の前にどうなのか、そして主の教えを愛をもって、
信仰をもって真直ぐに語っているかと、祈りの中で思い巡らしています。

パウロがテモテに記した手紙に記されている言葉を、
心に杭を打つような思いで口ずさんでいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |