FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

紋別の丘で

9月8~9日、紋別市で教区会が開かれました。
(本当は1日前に開かれたMission Nightの様子をお伝えしたいのですが、
 まだ準備ができてきません・・・<(_ _)>)

①まずは、紋別神召キリスト教会に集合しました。
 Nさんが活けてくれたであろうコスモスが美しかったです。

 共に礼拝を捧げ、教区13教会の祝福のために、
 また引退教師と会場教会のために心を合わせて祈りました。

②教区会の事務会&宿泊会場は、オホーツク青年の家です。
 青年とは思えない牧師たちも多数おられますが、 心は青年です!

 初めての会場でしたので少し迷ったのと、かなりの年季が入っている建物。
 しかし私たちだけの利用だったので、自由に使わせていただきました。 

紋別での教区会

③事務会に先立って、吉原宣教師によるフィリピン宣教報告を持ちました。
 後ろで可愛く遊んでいるのがMちゃん。人見知りの時期を過ぎ、
 教区会中も先生方の背中をタッチして回って遊んでおりました♪ 

④宣教報告の後、皆さんでしばらくの間、吉原宣教師とご家族、
 そしてこれからの巡回と宣教地の祝福を祈りました。

ここから下の画像です。

①翌朝、プレイヤーウォーキングに出かけました。
 丘(山?)の上にあるので、少々寒かったですね。

②ナナカマドの赤い実が、北海道の秋を知らせていました。
 ナナカマドの名前の由来には、以下の3つがあるそうです。

 ・"大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない"
  ということから付けられたという説が、広く流布している。

 ・"7度焼くと良質の炭になる"という説。

 ・食器にすると丈夫で壊れにくい事から
  "竃が7度駄目になるくらいの期間使用できる"という説


 諸説あるようですが、七(なな)と竈(かまど)に関係がるようですね。
 そしてこれから冬を迎えるにあたって、忍耐深い名前だなぁと思います。
 北海道では、26市町村の木に指定されているようです。

紋別での教区会②

③オホーツク青年の家は、紋別公園と同じところにありました。
 オホーツクタワーからの眺めも良かったのですが、
 紋別公園からの眺めも趣きがあって良いですね~。
 
④展望台の下では、テントで夜を過ごした旅人もおられました。
 紋別って、けっこう坂のある丘の町でもあるんだなぁと、
 新たな発見をしました。

 もちろんPホテルを頼りに教会の場所も発見し、
 紋別の街の祝福をお祈りしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |