FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

主の御手に握られて

9月11日、突如として持ちかけられた「Love Sonata帯広」のプレ大会。
北見での開催に協力し、近隣の教会の皆さまが集まりました。
(参照「今日です」)

急だったこと、平日の夜ということで参加者は多くなかったのですが、
しかし心に沁みわたるフルートの音色が響いていました。

フルート演奏
(一番前に我が教会の皆さんが! 礼拝もこうであれば・笑)

家一軒を買えるほどの高価なフルートから、
割れてしまっていた千数百円の笛まで、
ソルナムさんの証しと共に聖霊の調べが奏でられました。

安物のような笛も立派な演奏者によって生き生きとした音色になるように、
小さく見える自分も、造り主である神によって奏でられる時、
その御手の中で豊かな音色を響かせることができる、
そのメッセージを確かに受け取りました。

今回、私に依頼してきた司会を、妻が引き受けてくれました。
私は奏楽、その他の先生方もPAや会場のことなど役割があったので。

妻の司会
(ソルナムさんの拍手をいただいていますね)

妻はとっても緊張したようですが、教会の兄姉に祈られ励まされて、
その務めをすることができました。

本人は後で、「緊張してカミカミ(噛むこと)だった」と言っていましたが、
私の妻が「カミカミ」などという俗なる表現(?)を使うことに驚きました(笑)

帯広の牧師の皆さんは、とっても豊かな関係を持っておられ、
同じグループのY先生が愛されて、生き生きとしておられました!

その他、事前の打ち合わせの時に会場教会のH先生が、
初なりの枝豆をご馳走して下さいました。これがまた何と甘い枝豆でしょう。

しかも妻は枝豆が大好きで、大絶賛しておりました。
するとH先生、帰りに自作の農作物をたくさん持たせて下さいました。

H先生から

全ては主の御手に握られて、
芸術の秋、実りの秋を満喫した9月上旬の夜長でした♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |