FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

マバラキャットの夜・・・PMT③

PMT(Philippine Mission Trip)③ 9月16日(火)1日目

最初の目的地バギオは、マニラからバスで6-8時間かかるので、
まずは途中のMabalacat(マバラキャット)で1泊する予定とのこと。

(今回のスケジュールは全てS先生にお任せで、
 私はいつどこで何をするのか「?」状態でした)

マバラキャット行きのバスに乗り込むと、案内員(?)が話しかけてきます。
私はあいさつ程度の英語で誤魔化しつつ、後はS先生が話しをしていました。

どうやら彼女の娘が静岡県で歯科医をしているとのこと、
そして夫婦仲があまり良くないとのことを話していました。

マバラキャット行きのバス

そこでS先生は、自分のことをMissionary(宣教師)であると告げ、
彼女のために、娘夫婦のために祈りましょうと、バスの中で祈られました。

彼女は「アリガトウゴザイマス」と片言の日本語を話されました。
「さすが(元)宣教師!」と思うような出発前の一コマでした。

マニラの大渋滞を抜けるのにけっこうな時間がかかりましたが、
バスは無事にマバラキャットに到着しました。

そこで私は初めて「トライスクル」なるものに乗りました!
こういう乗り物が、フィリピンの至る所で走り回っております。

トライスクル

「バイスクル」は2輪車なので、3輪車は「トライスクル」らしいのです。
S先生と旅行カバンを荷台に、私は運転手の後ろに乗りました。

タクシー代わりの安い乗り物という感じです。
運賃も交渉次第という感じで、「以前は〇〇ペソだったから」とか、
「いやでも〇〇ペソではどうか」とか、そんな会話をしておりました。

夕食を食べに、またまたトライスクルに乗って出かけました。
大きなスーパーへ行き、そこで見慣れない果物を購入しました。

そしてフルーツの王様なるドリアンも食べてみようということになり、
店員に頼んで中身をパック詰めにしてもらいました。

ただこのドリアン、皆さんご存知のように強烈な臭いのする果物で、
ホテルには持ち帰ることができないとのこと。

ドリアン

そこでS先生と一緒に、スーパー近くの歩道橋の上で食しました。
手をベチョベチョにしながら、強烈な臭いを撒き散らしながら(笑)

結局、2人で全部を食べられなかったのですが、
通りかかった人に、「これ、食べる?」とS先生が尋ねると、
喜んで受け取ってくれました。高級なので喜ばれたようです。

ドリアンの強烈な臭いと、安ホテルのうるさい換気扇、
そんな喧騒を思い起こすフィリピン最初の夜は、
なかなか「ワイルドだぜ~」というマバラキャットの夜でした。

さあ明日は、礼拝です!
ドリアンの香りはしませんが、キリストとコーヒーの香りがする礼拝、
そして午後からは初めての英語礼拝です♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |