FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

バギオへ・・・PMT⑤

PMT(Philippine Mission Trip)⑤ 9月17日(水)2日目

朝5時にマンゴーやら何やらのフルーツを食べ、
6時にマバラキャットからバギオへ向かうバスに乗り込みました。

①ビクトリーライナーというバス会社のバスでは、
 何とWiFiが無料で使えました!
 
 インフラ整備が遅れているところほど、
 携帯電話や無線などはかえって進んでいるようですね。

②S先生、「あれ食べる? これ食べる?」と、
 珍しいものを食べさせようとします。
 このバーベキュー、何の肉か忘れてしまいました(笑)

バギオへ

③私が訪れたマニラより北部は、田園風景が広がっていました。
 道路沿いに米を干している風景を多く見ましたが、
 排気ガスや砂ぼこりを心配しているのは、フィリピン2日目だからでしょう。

バギオという町は、高地にあります。
 なのでバスは、どんどん山道を登って行きます。
 
 「アメリカ支配時代、マニラの暑さに耐えかねたアメリカ人らによって
  避暑地としてのバギオの開発がはじまった」ようで、
 S先生は「日本の軽井沢みたいなところ」と言われていました。

⑤軽井沢には行ったことありませんが、何となく想像できます。
 そして驚いたことに、軽井沢や稚内とバギオは姉妹都市でした! 

⑥バギオで最初に訪れた所は、バギオ・アッセンブリー・シティ・チャーチです。
 柔らかい物腰のロペス牧師たちと、しばし歓談のひと時を持ちました。
 この教会で、日曜日の礼拝を捧げることになります。

バギオへ②

⑦この教会は人数が増え過ぎるので、近くの大学で礼拝を捧げていましたが、
 大学側の都合で現在はこの建物で、何度も礼拝を捧げているようです。
 
 そして今、リフォーム中のようです。
 この物件は、S先生の宣教師時代に購入されたもののようです。
 
 バギオは高地とは言え、斜面に建っている建物が多く、
 「どれくらい杭を打っているのだろう?」と勝手に心配していました。

⑧左側手前にあるのは、「カレカレ」と呼んでいたと思います。
 見た目と名前から、カレーのように思いますが、全く違います。
 フィリピンの料理、私はけっこう美味しく食べることができました♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |