FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2度の朝食・・・PMT⑪

PMT(Philippine Mission Trip)⑪ 9月20日(土)5日目

前の晩は雨のためにホテルで夕食を食べましたが、
Japnese Buffeなるものでしたが、ちょっとひどかったですね(笑)
フィリピンで日本食もどきにがっかりしました。

お口直しにということではありませんが、
翌日の朝、S先生がフィリピンのファーストフードに連れて行ってくれました。
その名も「Jobily」。ハンバーガーは世界共通ですね。

20日の朝食

ホテルへ戻ると、バギオ教会のR牧師が、M宣教師夫妻を連れて来られました。
朝食券を使っていなかったの、ここで2度目の朝食となりました。
もちろん私はコーヒーだけですが。

この朝食の雰囲気がとっても素晴らしかったのです。
英語での会話なので3割ぐらいしか分かっていないのですが、
これからの宣教について皆さんワクワクしながら語られていました。

M宣教師は、学生時代にS先生に山への宣教に連れて行ってもらい、
「医学生をやめて、宣教師になりたい」と話されたそうです。

するとS先生は、「それはダメだ」と言われたとのこと。
「これからの時代、宣教師として入っていけない国がたくさんある。
医師になってその国に入り、そこで宣教するように」と勧められました。

今、M宣教師は医師として夫婦でイスラム圏の国で宣教をしています。
ニュースで「イスラム国が・・・」と出るたびに、恐ろしいなぁと思っていましたが、
M宣教師には全く悲壮感がありません。

宣教地で弱者に寄り添い、希望のキリストを伝え、
そして何人もの宣教師を育てて世界へ遣わしておられるとのこと。

M宣教師

「クリスチャン100人の中で3人が伝道者となって伝道している、
 そういう状況では何も変わらない。
 97人の信徒が社会の中で宣教師としてなってキリストを伝え、
 会社から地域へ、そして全世界へ遣わされていけばいい」

私の乏しい英語の理解力ですが、大の大人たちが篤い思いで
そんなようなことを、目を輝かせながら話しておられました。
キリストの心が、確かにそこにありました。

さあ、明日は礼拝です。
キリストの心をもって、偉大な主を賛美します♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |