FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

助け手・・・PMT⑬

PMT(Philippine Mission Trip)⑬ 9月20日(土)5日目

台風のために土砂が道を防ぎ、訪れるはずだった山の教会へ行けず、
1日の空白ができたこの日、土砂降りの中pugoへ向かい、
その後agooへとタクシーを走らせました。

①雨季に加えて台風のために道路が冠水していました。
②あちこち探し回った結果、Grace教会へ到着。

20140920agooへ①

③この日は土曜日ということもあって、
 教会員の皆さんが礼拝の準備などをされていました。
 S先生が祝福を祈られました。

④冠水し、水たまりが出来ると遊びたくなるのが子ども心ですね。
 これはやはり万国共通です。

 黄色い看板が教会の看板だったのですが、
 これを見つけられずに、けっこうグルグルしておりました。

⑤さらに車を走らせてGさんの家へ向かうのですが、
 後少しということろで、倒木のために通行止め・・・。

⑥またもやぐるっと遠回りして、無事にGさん宅へ。
 このGさんは資産家で、宣教師時代のS先生を良く助けられたそうです。

 S先生の突然の訪問に喜ばれ、いつまでも続くかのような
 豊かな交わりのひと時でした。

20140920agooへ②

⑦資産家Gさんの家です。手前の車が、私たちの乗ってきたタクシーです。
 タクシーに乗って出かけるって確かに贅沢なのですが、
 S先生が交渉して値切っておられました。
 
 しかしこの日、半日、丁寧に付き合ってくれた誠実な運転手に、
 S先生は値切る前の言い値を手渡しておられました。

⑧帰りの山道では、濁流が脇を流れており、
 時折り、大きな岩が落石している跡もありましたが、
 無事にバギオへと戻ってきました。

今年の始めだったでしょうか、
フィリピン南部へ派遣になったS本宣教師夫妻のために祈っている時に、
パウロにルデヤのような助け手が与えられたように、
S本宣教師夫妻にもそのような助け手を与えられるようにと思っていました。

今回、S先生の宣教師時代にGさんという助け手がおられたように、
S本先生ご夫妻にも備えられていくようにさらに祈っていきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |