FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

祈りが重なる

(PMTシリーズは、明日から再開します。お楽しみに♪)

日曜日の特別礼拝、そして三浦綾子『道ありき』講演会で、
森下辰衛先生を通して、大切にするべきものが心に沁み込んでくる、
そういうひと時でした。

数年前にH先生から「三浦綾子読書会をしたら良いよ」と勧められ、
「三浦光世さんは、北見出身なんだから」とも言われました。

正確には北見市出身ではなく、北見滝ノ上に住まわれていたそうです。
本州の方からすると(もう私は道産子になったつもりでいますが!)、
北見も滝上町も「どこそれ?」という感じだろうなぁと思います。

勧められていた読書会は、北見で開催している教会があると
思い込んでいたので、勝手に遠慮していました。

三浦光世さん
(遺影の背景には、滝上町の芝桜が用いられたそうです)

しかし義母が函館の教会で森下先生の『道ありき』講演会に感動したと
教えてくれたこと、また函館のF先生からも話しを聞けたこと、
さらに北見で読書会はしていないと確認したので
(もちろん他の教会で行っていてもそれは構わないはずなのですが)、
祈りつつ、思い切って森下先生に連絡を取ってみました。

すると道東方面に来られたその時に、森下先生が説明に来て下さいました。
さらに「北見で読書会が開かれるように祈っていた」とのことでした。
祈りと祈りが重なるって、素晴らしいなぁと思います。

サイン本

10月30日に天国へ行かれた光世さんも、北見滝ノ上ではありませんが、
それでも北見で開かれる読書会のために祈って下さっておられたと、
推測をしています。

どうしたら光世さんのようなに柔和な顔になれるのでしょうか。
その書かれる文字にも品性がありますね。

次回12月7日午後2時から、いよいよ本格的な読書会が始まります。
重ねられている祈りの中で、また三浦綾子さんが紡がれた言葉を
ゆっくりと読んで味わいつつ、同じ雪国の中で
誠実に愛を持って生きていく心の力が養われていくことでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |