FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

忘れ、忘れない・・・PMT⑮

PMT(Philippine Mission Trip)⑮ 9月22日(月)7日目

①日程的にも、地理的にも、内容においても、
 この旅の後半が始まっていくその日の朝は、
 前日の大雨を忘れさせるような、さわやかな朝でした。

②前日の晩は、APTSなる神学大学院に泊まりました。
 7年ぐらい前だったでしょうか、ここに学びに行く選択肢という道が、
 大きく開いていたのですが、結局は選択しませんでした。
 忘れかけていた当時のことを思い出していました。

 その後、私の知る多くの方々が、ここを卒業されていきました。
 「もしあの時、ここに学びに行っていたら・・・」、
 な~んて、これっぽっちも思わない私でした(笑)
 
 それはそれ、これはこれ、あの時はあの時、今は今、
 たとえ選択を間違えたとしても、どんな道にも主が共におられます!
 (もちろん留学しなかった選択を間違えたなどとは思っていませんよ~)
 
20140922サンフェルナンドへ①

③吉原宣教師夫人とも少しだけ交わりの時を持てました。
 前日に挨拶へ行った時は頭に「?」が乗っておりましたが、
 記憶を呼び起こしつつ、忘れていた私の顔を思い出したそうです。

 ご主人のFaceBookも確認され、北見でのMission Nightの様子を見て、
 北国におられるフィリピン出身の方々のために祈ってくださいました。

④バギオからサンフェルナンドへ向かうバスの中です。
 発車前、停留所(?)に停まった時など、様々な売り子が乗ってきます。

⑤バスの切符(チケット)です。
 バスの乗務員は、誰がどこから乗って、料金を幾ら渡し、お釣りは幾らか、
 誰がどこで降りるのかを忘れずに正確に覚えているのには、驚きでした!

⑥バスを降りて、トライスクルに乗ろうとしていたら、
 バスの乗務員が私を呼びます。

 何事かと思えば、何と私は前のシートにかけていたデジカメを忘れていて、
 親切にもバスの前にいた私に届けてくれたのです。

 私は盗まれないように③のような装備をしていたのですが、
 盗まれるどころか、忘れ物が届けられたのです。

 「フィリピンではあり得ない」、「これは奇跡だ!」と、
 フィリピン人から何度も言われました♪

20140922サンフェルナンドへ②

⑦S先生の忘れそうで忘れない記憶を頼りに、
 トライスクルに乗りながらサンフェルナンドの街を走りました。

⑧ほどなくして、サンフェルナンドの教会へ着きました。
 標高1500メートルのバギオ、さらに高い山の上で過ごした前の週は、
 ジャンパーを着ながら過ごしていたのを忘れるほどに、
 海沿いのサンフェルナンドでは、ジリジリとした太陽が照りついていました。

 写真に撮らなかったのですが、久々に見た大きな入道雲の下、
 ここで過ごした数日間を、私は忘れないでしょう♪


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |