FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

けっぱる

 本当は、昨日の「感謝の手紙」の後半(PMTシリーズのまとめ)をupする予定だったのですが、水曜日と木曜日の爆弾低気圧による猛吹雪のことを記しておいた方が良いだろうと思い、内容を変更しました。昨日の続きは来週の水曜日にupする予定です。



 「けっぱれ!」など、エールをいただきながら、雪かきにいそしんでおりました水曜日から金曜日の3日間でした。全国ニュースのテレビでも、北見が時々報道されているので、お見舞いメールや電話がありましたが、いつもメールをくれるお方から今回は何も連絡がないなぁと、かえってこちらが先方の心配をしておりました。

20141219①
(12月19日の雪かき後) 

 11月半ばの総会時には、全国の牧師たちから「すごい雪でしょう。大変ですね」と言われました。最初は、「いやぁ、北見では本格的な雪は12月からですね。峠などではもう積もってはいますが」と返答していました。しかし次から次へと大雪への同情の声をかけられるので、もう面倒くさくなってその期待に応えるために、「そうですねぇ。雪かきのヘルプをお願いします。2月の流氷時がいいですよ」と返答しておりました(笑)

 そして全国の皆さんの期待が本当の現実となったのが、今週の爆弾低気圧というわけです。参りました。水曜日の朝と夕方、木曜日も、吹雪の中での雪かきが続きました。今回はその様子の写真を撮る余裕もありませんでした。なので、いかにも「吹雪の中での大変な雪かき」画像をという皆様の期待(?・・・していないか!)には応えられません(笑)画像は全て、金曜日の午前中の雪かき後のものです。

20141219②
(教会横の駐車場と教会前の道路を雪かきします)

 隣にマンションが建ったので、以前よりも駐車場が吹きだまっているような・・・。そして雪捨て場に気を使います。水曜日の1日で、我が敷地内のガレージの後ろにある雪捨て場は、全部埋まってしまいました。昨年「これくらいでしたら大丈夫ですよ」とマンションの現場監督に言われたライン、程度を思い起こしつつの雪かきでした。

 水曜日と木曜日は、プラス1度、2度の中での降雪だったので、雪が重いこと、重いこと。電話をかけてこられたS先生に「筋肉痛です」と言うと、「次に会う時は、キン肉マンですね!」と言われました。だと良いのですが(笑)もちろんテレビで拝見する東北や北陸などの日本海側の雪に比べると、軽い方なのでしょうね〜。

 20141219③
(12月19日の北側)

 ほとんど雪がなかった北側でしたが、今回の猛吹雪でもうこんな状態になりました。これで1シーズン持つだろうか、2階まで埋まらないだろうかと少々心配しています。

 またこれだけ雪が積もって、改めて分かったことがあります。それは建物の周りを雪が囲むと、冷え込みが和らぐということです。木曜日の夜中から金曜日の朝方は、マイナス10度を下回っていたのですが、火の気の無い廊下や1F玄関付近などの温度が、いつもよりも下がっていなかったのです!

 今年は雪が遅かったので、その分、冷え込みが厳しかったのです。12月なのにマイナス15度を下回る時がありました。そういう日は、廊下などは建物の中なのにマイナスの世界です。妻のようにいちいち天気予報や部屋の温度などを見ない私の目が確認した廊下の温度計は、マイナス6度を指している時がありました。

20141219④
(北見の小さな道路は、排雪はしてくれず、かき分けるだけです)

 出来るだけ私が重い雪、そして除雪車が搔き出した後のコンクリートの塊のような雪を担当しつつ、自称「かよわい」妻も唇を紫色にしながら一緒に雪かきをしてくれます。昨年購入した除雪機は、全体の1割程度の仕事をしてくれています。雪質、雪捨て場なども影響して、やはり「ママさんダンプ」による人力が中心ですね。(雪かき後、妻のことを思いつつ、2月に入っていた委員会をスカイプ参加に変更してもらいました)

 雪かき中に2度、動かなくなった車の救出に向かいました。こういう時は、ややテンションが上がりますね。車のお腹に圧接された雪を搔き出したり、後ろから、前から押したりして脱出の手助けをします。「お互い様ですから」、な〜んて北国の挨拶を交わしています。

 そして明日はクリスマス礼拝と洗礼式と祝会です♪これをニンジンとしてぶら下げ、けっぱりながら(「けっぱる」:北海道方言、がんばる)雪かきをしていたようなものです。とっても楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |