FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

しっとりと

 昨日朝の雪かきは、かる〜い雪で、吹雪くこともなく天気の中で「ほほいのほい!」という感じでした。ここ数日はマイナス15度前後まで最低気温が下がっているからでしょう。それでも雪かき後は、シャツを着替えるほどの汗をかきます。

 そしてマイナスが二桁になった朝は、トイレのシャワーが凍って出ません!夜は水抜きをして(妻が)、便器の水が凍らないように微流の電気を流すのですが、トイレのシャワーまでは無理ですね。昼頃になると溶けてくれますが、必要なのは朝なのです(笑)



 クリスマスイヴには1日早いキャンドルライトサービスを、例年23日に行っています。それは祝日なので、仕事が休みの方が多いということと、少しでも時間を早めることでツルツルに凍っているスケートリンク状態の道路を、出来るだけ安全に帰宅してもらいたいという理由からです。

 「心を開いていただくために何か面白いことを言わなければ」という誘惑を封印すると宣言し、今年は「しっとりキャンドルライトサービス」で臨みました。キャロルを賛美し、聖書朗読を通して世界で初めのクリスマスに思いを馳せ、そしてその恵みが今も注がれていることを伝えるメッセージの時を1部で持ちました。

20141223

 「NさんやMさん一家とSさん一家は、誰かが風邪がひいたかな〜?」、「○○さんや○○さんは、仕事かなぁ。あるいは仕事で疲れたかなぁ」と、どうしても来られていない方々のことを心の中で心配しています。後で連絡をいただきましたが、Sさん一家は家族で東京に出かけておられたそうで、ご家族皆さんが元気そうで何よりでした。また病や様々な理由で来れない方々にも、クリスマスの恵みが届けられますようにと祈りつつのひと時でした。

 初めて集われた○○さん、何だかずいぶん前からお知り合いのような感じがして、2部のお茶の時も一緒に楽しみました。単純なゲームで盛り上がりました。また「キャンドルサービスの日に開封するので、開けないで下さい」とお願いして壁に飾っていたロイズのチョコ入りアドベントカレンダーを、皆さんで1つずつめくりました。札幌のNさんが私たちのことを気にかけて送ってくださる気持ちが詰まっているアドベントカレンダーです。

20141223キャンドルライトサービス

 そして清水寺に対抗しているわけではありませんが、毎年恒例の「私の今年の漢字」で一言ずつ1年間を振り返りました。「充、訳、仕、続、狭、父、憐、淡、転、洗、信、飛・・・」など、それぞれの理由を聞きながら、1部の「しっとりキャンドルライトサービス」でキリストの光がしっかりと心に灯されたなぁと思わずにはおれない、温かいひと時でした。中には漢字1文字で表しきれず、「四十代最後」とかキャンドルライトの絵を描いた象形文字までありました!

 冷たい風の吹く北の端にある小さな教会の、しっとりとしたキャンドルライトサービスですが、現実の闇を照らすキリストの光が確かに灯されています。今年最後となった明日の主日礼拝でも、さらに油が注がれてキリストの愛と希望の光が灯されることでしょう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |