FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

第60回北海道聖会

 昨年はこのblogでフィリピン旅行記が続いたので、10月から12月までの出来事をほとんど紹介できずにいました。年をまたいでしまっていますが、自分にとっての備忘録と言いますか、恵みを数えると言いますか、そういう意味合いで秋以降の出来事を記していきます。(ちょいちょい最近の出来事も記すと思いますが)

 まずは毎年、秋に開かれる北海道聖会の様子です。今回は、教区創立60周年記念行事として開催されました。60周年だから第60回ということではなく、2014年は北海道教区創立58年なのです。実は記録を繙(ひもと)いてみますと、1年に2度も教区聖会を開いた年が2回ありました(すごい!)。そこで教区としては、第60回から60周年を迎える第62回までの3年3回に渡る聖会を「教区創立60周年記念」と銘打ち、大いにお祝いしようということになりました!

第60回北海道聖会ポスター
(F先生が作成したポスター、センスが良いですね。
 「北海道聖会」のフォント名を聞くのをいつも忘れます)

 北見からは私たち夫婦も含めて10名で参加しました。労力的には東京よりも遠い札幌ですから、なかなか全員で集うことは出来ません。それでも今回、3名が初めて出席できて感謝でした♪

 教会の車に高齢の方などをお乗せして、乗用車に5名で長距離移動しました。助手席に座られたTさんが、世間話から政治、社会の事件、そして信仰の話しまで、ありとあらゆる会話を提供してくれましたので、私は運転をしながら居眠りをすることもありませんでした!(帰りは私たち2人だったので、ガソリンの消費量の違いに驚きました・笑)

第60回北海道聖会
 
 理事長のメッセージを通して、私の信仰の土台となっていく言葉が語られたことは幸いでした。特にルカ11章を語られた聖会の録音を聞き直そうと思いつつ、はや3ヶ月が経っています・・・(汗)。車で遠出をする時に聞けるようにしておくのが良いですね。

 聖霊による祈りにも導かれ、私たちの教会の84歳のIさんが聖霊のバプテスマの恵みに与ったことは、大きな喜びです。幼な子のように主の前に進み出られ、ひざまずいて誠実に主に近づいて祈り求める者を、どうして主はそのままにされるでしょうか。

 紆余曲折を経ながら、私たちの教会に導かれて5年。毎週、一番前の席でテナーの声を響かせ、主の言葉にゆっくりと確かにうなずかれていました。10月の最初の週に教会で入会式を持ち、その翌週にペンテコステの恵みを体験されました。

 Iさんに先導されるかのように、主の前に出て熱いものをこぼしながら祈られていたTさんは、クリスマスに洗礼を受けることになります。「聖会が単なる盛会にならず、つまり聖会が聖会として終わらず、教区13教会を強めていきますように」という祈り続けてきたことに、主は確かに応えて下さったことを感謝せずにはおれないのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |