FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

前進するための記念

 昨年10月の教区創立60周年記念、第60回北海道聖会。牧師&伝道師の道内勤続30年以上者の表彰があるなら、同じように主の教会を支えてこられた信徒の皆さんの表彰があっても良いのではと、今回の聖会から信仰30年以上者、50年以上者を表彰することとなりました。

 基本的には10年に1度の記念聖会での表彰です。そして表彰という名前ですが、何か栄誉をいただくということではなく、長きに渡り信仰生活を支えて下さった主と教会の皆さんに共に神に感謝を捧げ、さらに後に続く方々のために引き続き祈りの手を挙げていきますという決心を現す時として設けました。

記念のフレーム

 聖会の始まる1ヶ月前、50年以上者が12名、30年以上者が53名、それぞれの名前と洗礼を受けた日のリストが送られてきました。先ず隗(かい)より始めよとのことで、言い出しっぺの私が妻のヘルプによって記念フレームの作成をしました。

 机の上かどこかにでも邪魔にならない程度に飾っておけるものと思い、限られた予算の中で出来るだけ安っぽく見えないように工夫しました。紙を和紙風の金箔が混ざっているもの、しかし地味っぽくならないように、夫婦で「あーでもない、こーでもない」と言いながら、コーチャンフォーでいろんな紙の組み合わせを試しました(笑)私がフィリピンに出かけている間、妻が何度もフレームを購入しに別の店に出かけていたようです(注文できない仕組みのお店なんですよね〜。分かります?)。

 もちろん30年以上、そして50年以上、曲がり道もでこぼこ道も、上り坂も下り坂も、螺旋階段も、「歌いつつ歩まん」と主を見上げながら歩んで来られた信仰の先輩者たちのことを思うと、記念品のフレーム作りなんて何のことはありません。

 信徒の表彰式
 
 聖会に出席できた50年以上者は、3名でした。その中のWさんは、第2回の北海道聖会に出席されているとのことです。30年以上者の方々が多く出席され感謝です。出席できなかった方々、そして一足早くに天国へ行かれた方々、そういう多くの証人に雲のように囲まれながら(ヘブル12:1)、同じキリストの道を歩んでいけることは大きな恵みです。

 そしてこれからの30年、50年を担っていく子どもたちと10代の青少年たちの祝福を祈ることがき、「過去を記念し、前進するための60周年」に相応しい記念聖会でした。

 しか〜し、記念はここで終わりません!今回の聖会には他に記念となるものがありました。それはまた明日の記事にて♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 
日記 |
| ホーム |