FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

記念品贈呈

 昨年10月に開かれた第60回北海道聖会は、3年間に渡る教区創立60周年記念聖会の初年度でした。教区60周年準備員会によって答申された原案をもとに、この初年度の特徴は「記念品」を贈ることにあります。(ちなみに2年目は祝賀会、3年目は記録誌の発刊を予定しています)

 今回、記念品実行委員会の先生方が良いアイデアを練って下さり、2つの記念品を贈ることとなりました。1つは、教区13教会に60周年を記念した品を3つの中から選んでもらい、それを各教会に贈呈するということです。

 壇上に3つの記念品を飾っていたのですが、これだけを撮っておくのを忘れてしまい、荒っぽい画像で申し訳ありません。何の品々か分かります?

各教会への記念品

 左端から電波時計、花瓶、鏡となっています。それぞれに「第60回記念 北海道聖会」の名入れと日付が入っています。だいたいどれも同じ予算のようで、「選べる」というところが良いですね。ちなみに13教会中、時計と花瓶を選ばれた教会が半数ずつぐらいで、1教会だけが鏡を選ばれていました。

 教区長は「時計を見るたびに、講壇に活けられた花の花瓶を見るごとに、そして鏡で自分の顔をチェックする時に、教区60周年の祈りと恵みを引き継いでいることを思い出して下さい」と話されていましたが、時計や鏡を見るたびに、そうそう毎度毎度、教区のことを思い出せないでしょう(笑)「時には、思い起こしてください」ということで、よろしいかと思います!

 特別講師の理事長にも3つの中から選んでいただき、教区から贈呈させていただきました。理事長は「個人として受け取って良いのか、理事長としての役職としてのものか」と思われたようですが、教区としてはあくまでも特別講師として奉仕して下さった理事長個人にお渡ししました(もちろん、配達してもらいました)。しかし律儀な理事長のようで、後日、本部にある理事室の壁にしっかりと電波時計が飾られているのを発見しました(笑)

 また画像にはありませんが、教会員の皆さん一人一人にも、記念マグネットが配られました。聖会に出席できなかった分も作成されていて、冷蔵庫や掲示板に貼って使えるものです。「どうぞ冷蔵庫を開くたびに、教区60周年の祈りと恵みを・・・」、いやいや無理でしょう(笑)

各教会への記念品②

 私たちの教会は、時計を選びました。何と言っても電波時計ですから、正確です!60年を刻んできた歴史、そして70年に向けてのこれからを刻み続けていくのと同時に、全てのことを時にかなって美しくして下さる主なる神を仰いでいきたいのです。

 さあ、明日は主の日の礼拝です。厳しい冬の中ですが、「教会を励まし、鼓舞するための60周年」の聖会をご一緒した北海道13教会の礼拝が、大いに祝福されますように♪(もちろん、北海道以外の諸教会、全世界で持たれる礼拝にも!)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |