FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

さまざまな空間

 昨年10月の第60回北海道聖会について、今回が最後のレポートです。

 私はⅠ聖会でピアノ奏楽の奉仕を依頼されました。司会のF先生が得意とする転調の支持が多くて、一人での練習中に半泣きになるぐらい、何度か心が挫けそうになりました。こんなにすがりつくように、必死で祈って練習をしたのは久しぶりでした。初心に帰った、懐かしくも大切な思いです。

 小さくて大きな教区なので(教会数が少なく、地域的な広がりが大きい)、聖会前に複数の教会が集まって練習をすることが出来ません。だから私などにも依頼がくると思うのですが、「もう聖会の奏楽は、引き受けないようにしよう」、強くそう思いました。

 しかし当日は、私が鍵盤から手を離しても、恐らくほとんどの方が気づかないだろうというほど、ギター、ベース、ドラムとソングアシスタントのボリュームが大きくて力強かったのです。これなら大丈夫だと変に励まされ(笑)、リラックスして奏楽をすることができました!

1聖会
(Ⅰ聖会の様子。左端の切れかけが私!)

 今回の聖会会場は、新しく建ったばかりの札幌レインボーチャペルでした。「次の聖会は新会堂で開かれる予定なので、そのことを楽しみにし、全てが守られるように祈りましょう」と教会の礼拝や祈祷会で祈ってきましたので、主の栄光が雲のように主の宮に満ちるひと時となり、喜んでいます。

 私が新会堂で気に入っているところは、ホワイエと言って良いでしょうか、ロビーのような空間がゆったりとしているところです。ちょっと立ち話し、座り話しが気軽にできる空間ですね。設計士のSさんにそのことを伝えると、やはり意識して設けられたとのことでした。教会は出来るだけ多くの空間を礼拝堂に、そして多くの部屋に、収納にとなりがちだと思いますが、こういう余裕のある空間はホッとします。

 第60回北海道聖会

 礼拝堂に美し貼られたタイルカーペット。やはり私が貼った北見の教会のものとは違いますね〜(笑)下地(土台)がきっちりとした平面なので、隙間なく貼られています。そして聖会後にイスの合間を、自動掃除機が行ったり来たりしていたのが印象的でした。 

 それにしてもレインボーチャペルの皆さんが、見えるところ見えないところで、水を汲んだしもべたちのように、よーくおもてなしをして下さっていました。申し訳ないと思いつつ、ありがたいとも思いつつ、来年の5月もお世話になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |