FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

運動会のような

 昨年の初め頃だったでしょうか、神学生時代に1年重なったY先生から電話があり、「東京に来る時を教えて下さい。ユースの集会をしたいので。もちろん礼拝もお願いします」と言われました。いろいろとお世話になっているY先生。またその奥様は関西でご一緒でしたから、日程を調整して10月最後の日曜日を東京のM教会で共に礼拝を捧げました。

 神学生時代の最後の日曜日、M教会で説教奉仕をさせていただいたことを思い出しました。朝の子どもの礼拝、午前の礼拝メッセージ、午後からは建築委員会の方々に新会堂建築の証し、夕方はゴスペルの方々にメッセージ、夜は最終礼拝と、1日5回のメッセージに目が回ったのを覚えています(笑)そしてもう10年ぐらい前になりますが、ゴスペルライブにメッセンジャーとして呼んでいただきました。

 あれから素敵でお洒落な新会堂も建ち、Y先生もついに結婚され(!?)、お父様先生を天国へと送られました。礼拝の冒頭に「私のことを知っている方、どれくらいいますか?」と挙手をお願いすると、半数ぐらいの方が手を挙げられました。「手を挙げられなかった皆さん、少し後ろめたい顔をされていますが、全くそんなことはありません。堂々として下さい。素晴らしいことです。10年前に来た私のことを知らない方が、新しく加えられていることは、本当に嬉しいことです」と挨拶をしました。

町田聖書教会
(礼拝の写真ではなく、上の2つはユースの集会です。
 下がエントランスで行っている最終礼拝の様子です)

 このM教会は、とても明るく元気な教会です。体育会系のような元気さではなく、老若男女が喜んで集われる、毎週のように運動会が開かれている、そんな雰囲気のある教会ですね。私にとっても忘れられない礼拝のひと時となりました。

 関西からお嫁に行かれたS先生も、皆さんに愛されてすっかり馴染んでおられるようです。礼拝の冒頭で捧げた賛美、聖歌の「ああ恵み」をマイナーコードやテンションコードを多用し、何てお洒落にアレンジしているんだろうと思いました。関西では、もっとコテコテした歌い方だったはずなのに、すっかり「東京もん」になっておられるようです。

 3階の牧師室には、壁中にたくさんの本が並べられていて、「さすがY先生」と刺激を受けました。しかもありとあらゆるジャンルの本で、ほとんど読まれているだけではなく、どの本にどんなことが書いてあるのかもだいたい覚えておられるのです。私なんて、読んでいる最中に忘れていき、数年に1度、古本屋で同じ本を買ってしまうこともあります(笑)

スムージー
(朝食にいただいたスムージー。凝っているようです)

 最終礼拝を終えて、近くの牛角で夕ご飯をご馳走になりました。その後、Y先生ご夫妻と夜中の2時半までいろいろと話しに花が咲きました。翌朝は牧師の休日になりやすい月曜日なのですが、5時半からの早天祈祷会に私も眠い目をこすりながら参加しました!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |