FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

祝福の歌

 フィリピンシリーズが続いたので、なかなか昨年の出来事を全て紹介できずにいます。今日は11月に開かれた所属グループの総会の様子を紹介します。

 会う先生、会う先生が「もう北見は雪でしょう。大変ですね〜」と言われるのですが、11月はまだ降っていません。大勢に同じ質問を繰り返されると、否定するのも面倒になって(失礼・・・)、「いつでも、雪かきに来て下さい!」とお答えしておきました(笑)

総会チャペル
(日付を間違いました。11月11日です。失礼。)

 決算総会の後に、一昨年に引き続いて「総会チャペル」が開かれました。関西出身の引退教師・S先生がメッセージを取り次がれました。牧師向けなので、少しリップサービスもありましたが、全体として慈悲深さが伝わってきます。

 賛美と祈りをリードされたのは、これかた懐かしの関西のK先生。いつ見ても背筋が伸びて、韓流スターのように「Kさま」と呼ばれても良いぐらいのスラッとされた紳士です。

 賛美では私が関西時代に訳した「権勢によらず」の前半部分も選曲されておりました♪また韓国で作られた「祝福の歌」も選曲されていて、「Kさまだなぁ」と思いました。この賛美はとても美しいメロディで、歌詞の内容も良いですね。


(日本語の音源や楽譜は、コチラ⇒「ラーハムの賛美の村」)

 ただ、日本語訳が少し足りないんですよねぇ。これは英語から日本語に翻訳した賛美も同じで、ハングルから日本語にする時に、どうしても削らなければなりません。もし私がハングルが少しでも分かれば、訳し直すかもしれません。しかし、かつて空港でハングル文字を逆さにしたプラカードを掲げて、韓国から来る人を待っていた経験のある私にはとても無理な話しです。

 そんな私にも、3日目のチャペルで関東のK先生から奏楽を依頼されました。「え〜」と思いながら、礼拝担当がお世話になっているI先生ということもあるからか、引き受けてしまいました。そしてI先生が選んだ曲は、私のあまり好きではないというか、冗長に思える曲なのでした(笑)聖歌の中に、数曲、弾きにくいなぁと思う曲があるのですが、その1つです。

総会での礼拝
(こちらも日付を間違いました。11月13日です)

 ま、苦手意識のある時こそ「主よ、助けてください」と、へりくだって奉仕をすることが出来るので、それはそれで良いのかもしれません。

 さあ、明日は礼拝です。午後からは、三浦綾子読書会があります。互いに祝福し合う礼拝を捧げたいと願っています。そして弱さの中に働かれる神の偉大な力を体験させていただきたいと、切に祈り求めています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |