FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ホンモノだ!

 1月末に、神学校通信科のスクーリングへ出かけていました。もちろん講義を受けるためではなく、様々な準備や、面談などのためにです。

 普段は仕事を終えて夜遅く、あるいは朝早くに講義を一生懸命に視聴されている通信科生です。何人もの(4人だったかな?)子どもを育てながらの方もおられます。きちんと視聴しているか、早送りはしていないかなどなど、ログ管理もされながら、伝道者コース生にはきちんとメンターもついています。

20150128スクーリング

 1週間のスクーリングに、私は3日目からの参加でした。3日目ということもあり、何だか皆さん打ち解けておられるようでした。共に学べる喜びが教室の中にありました。

 私は昨年4月からお手伝いをしていて(と言っても遠隔地でできること、また委員会もwebです)、初めて会う方々、また昨年の入学式依頼の方々も多いのですが、握手をしながら挨拶されるその距離感が近いのです。物理的にではなく、心理的な距離感のことで、何だかとっても私に親近感を覚えているような、皆さん、そんな感じがしました。

 その時、誰かが言いました、「あ、ホンモノだ」と。「ん? 知らない間に私のニセモノが神出鬼没しているのか!?」と思いましたが、すぐに合点がいきました。皆さん、だいたい私の「キリスト教教育通論」を視聴しておられたのでした。画面を通してとは言え、私のつまらない顔を20時間以上も見続けているのですから、嫌でも距離が縮まるというものです(笑)

20150128スクーリングの祈祷会

 何とか仕事に都合をつけて、1週間の間、共に学び、共に祈り合い、共に礼拝を捧げ、共にビジョンを語り合う、そういう豊かな時間が流れていました。

 さあ明日は礼拝です。牧師が不在のために、遠隔地の教会と教会とを結んでインターネットで礼拝を捧げている教会もあります。「牧師を目の前にした、ナマのメッセージに飢え渇いている」と聞きました。ただ、たとえ牧師そこにいなくても、主の臨在だけはホンモノです!

 北見ではニセモノではなく、ホンモノの私が礼拝奉仕をします。愛餐会でIさんの退院、そしてSさんのサクラサクをお祝いし、午後3時からはEnglish Serviceがあります♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |