FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

緩んでいるかも①

 先日、ある年輩の牧師から電話がかかってた時のことです。メインの用事は忘れましたが、会話の中で「○○○○という本、読んだ?○○○先生が勧めるので読んだけど、なかなか良かったよ」と尋ねられました。

 私は「あー、その本、買おうかどうか本屋で迷っていました。結局、同じ著者の○○○という本にしました。そうですか、その本はちょっと立ち読みしましたが、こういう内容だったと覚えています。良かったのでしたら、また機会を見つけて読んでみます」と答えておりました。

 そういう会話も交わしていたので、先日、本屋と古本屋が一緒になっている店に行った時に探してみました。そうすると、きちんと本屋に並べられていました。「買おうかなぁ、どうしようかなぁ」と迷ったあげく、今、読みかけの本が山ほどあるので、また今度にしようとスルーしました。

 そして今週、積ん読状態の本の中から、ある書籍を探していたら、カバーがかかっている新書があったので「何の本だったっけ?」と外してみて大いに驚きました。その本は、あの先輩牧師から勧められた本だったのです。しかも半分ぐらい読んでいるのです・・・。

買っていた本

 たま〜に、古本(100円+税)で同じ本を2冊買ってしまうことがあります。しかし新しい本を、つまり定価で買ったことを忘れてしまい、同じ本を買おうとしていたとは、我ながら少々頭が心配になりました。若年性何とかが始まっている!?

 本への書き込みや線の引き方から推測しながら記憶をたどってみますと、1月下旬、羽田空港の本屋で買ったことを思い出しました。飛行機の上で半分ぐらい読んだのです。しかしその後、札幌で葬儀に参列し、夜行バスで土曜日の朝早くに北見に戻り、それから日曜日の準備をしたというハードスケジュールだったので、本を買った記憶をどこかに落としてきたようです。金曜の夜に入ったレストランのことは覚えていますが。

 昨年、あまり読書が出来なかったので、今年は1ヵ月10冊ぐらいを目指して、私にとってはまずまずのペースで夜な夜な読みふけっています。しかし本を買ったこと、また読んだ内容が頭に入っていなければ、意味がないですね(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |