FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

イースターあれこれ

 移動祝祭日のイースター(復活祭)。昨年は4月20日、今年は4月5日でした。なので、新しい任地に遣わされた牧師・伝道師は、最初の日曜日がイースターということで、新しいスタートに相応しいですね。

 ちなみに私たちが大阪から北見に来た最初の日曜日は、受難週の始まる日でした(笑)それはそれで、主の十字架を高く掲げていくに相応しいと思います。

 クリスマスほどではないとしても、商魂たくましい企業によって、イースターも少しずつ販売促進の手段となっているようです。

イースターの広告

 先週の広告には「4月5日は春を祝う復活祭!」、「『たまご』と『うさぎ』がシンボルのイースターには、かわいいたまご料理を食べて春の訪れをお祝い!みんなでイースターパーティを楽しみましょう!」などなど、クリスマス同様に上手にキリスト教色を無くしたキャッチコピーが踊っていました。

 「イースターサラダ」にキャロット(人参)が使われているのは、「うさぎ」と合わせているんですね。その他にも、スーパーではいろんな商品に「イースター・・・」の文字が付いていたとル妻から聞きました。

 先週、夕食時に見ていた北海道のニュースで、函館の教会でイースターエッグを作っていると報道されていました。

函館のイースターエッグ

 妻と「どこだ?どこの教会だ?」と画面を眺めていると、どうやら函館ハリストス正教会のようです。いろいろ調べてみると通称「ウクライナたまご」とも呼ばれているようです(参照:函館ハリストス正教会の「ウクライナたまご」)きれいですね〜。

 世界のイースター(復活祭)を眺めてみると、ニューヨークでウサギの帽子をかぶってパレードをしたり、特に東方教会あたりは面白いお祭りがたくさんありますね。

 日本でもいつの間にか、ニュースで見る限りハローウィンが、何だか集団仮装パーティのように盛り上がってきています。そうこうしている内に、イースターもクリスマスのように市民権を得るかもしれませんね。(ちなみにハロウィンとキリスト教は関係ありません)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |