FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

素晴らしい町名

 4月13日(月)、函館の教会で献堂式がもたれました。F先生ご夫妻と教会の皆さんが、祈りの中でこの日を迎えられたことをご一緒に喜びました。F先生が近くの神社の神主さんに事情を説明して、この日のために神社の駐車場をお借りすることが出来たとのことでした♪

 広い北海道から教区の牧師、そして近隣教会の牧師を、函館の教会の皆さんが丁寧に迎えてくださいました。

 司式は教団理事のS先生。「主の教会を主の御手に」という主題で、メッセージを語られました。全ては主のものだということ、主から与えられ、また主からお借りし、そして主に捧げていく、あるいは返していく、会堂もそしてこの命も、そんなことを思いながら栄光の主を見上げておりました。

 教区長と近くの森町のY先生の祝辞に、和やかな雰囲気が流れました。妻が代表祈祷、私も奏楽と、函館の教会のために仕えることができて感謝です。

20150413献堂式

 以前、教会があった場所は、本当に素晴らしい名前の町名でした。その名も「日吉町」!結婚前の妻が、そこで開拓伝道を始めたのですから、面白いものです。

 その後、様々な経緯を経ながら、教会は「湯の川町」へ移っていきました。この町名も素晴らしい!その昔(?)、大阪では銭湯でも「○○温泉」という名前をつけていました。もちろん温泉ではありません。しかし湯の川町には、恐らく銭湯はないでしょう。その名の通り、当たり前のように温泉が沸き、銭湯価格で温泉に入ることが出来るんですね。

 大通り沿いにある湯の川町に移った函館の教会から、まるで温泉が流れ出るかのように主の恵みが川のように流れ、人々が癒され、強められ、変えられていく、そういう主の業がますます現されていくことでしょう。

 さあ、明日も復活の主を見上げる礼拝です。神の川が豊かに流れ出るその憩いのみぎわで、心から主を喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |