FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

オンネトー① 【No.164】

先週の月曜日、久し振りの休日、また、雪が降る前にということで、
今のうちにどこかへドライブに行きたくなりました。
私は、北方領土も見えるらしい野付半島に行ってみたかったのですが、
曇っていたのと、午後から出かけるには遠すぎるということで、
いろいろと思案した結果、オンネトー(湖)へ行くことになりました。

オンネトー①

思い起こせば2001年の夏、まだ神学生の頃にキャラバン伝道隊で
帯広、北見、釧路を訪れた時に、
帯広の先生がオンネトーに連れて行ってくれたことを思い出しました。

連れて行ってくれた先生には悪いのですが、
あの頃は、ただ「緑色の湖・・・」という感じで、
「なんでこんな湖に観光バスが押し寄せてくるのかなぁ」と思っていました。
あれから8年、湖の良さが分かる年齢になってきたように思います(笑)

シーズンオフで、私たちの他には1台か2台の車があるのみでした。
展望台への散策コースなるものがあったので、気軽に2人で山を登り始めました。
熊が出没するような「危険」のマークあったので、
妻は枝を両手に持って、あっちをガサガサ、こっちをコンコンしながら、
音を立てて登っていました。

私の後ろで妻が枝を使ってガサガサさせる音に、
何度か「小熊か!」と驚いてしまいました(笑)
妻は途中で、家の鍵に鈴が付いていたことを思い出し、
ジャラジャラ、ガサガサ、コンコンと賑やかに山を登っていました。

オンネトー②

途中で引き返そうかと思ったほど、ちょっと気軽な散策ではありませんでした。
疲れを紛らわそうと「森のくまさん」を私が歌い出すと、
妻が真剣に「やめて下さい!」と言うのが面白かったです♪
展望台に登ると素晴らしい景色が待っていると、期待しながら登りました。

しかし、残念ながら、展望台からは湖が殆んど見えませんでした。
「展望台なのに・・・」疲れと残念な思いで降りてくると、
登り口にこんな立て札があったのでした・・・。

オンネトー③

どうして登る前に、この立て札を見つけられなかったのだろうか・・・。
どうして降りてきた後に、この立て札を見つけてしまったのだろうか・・・。
降りてきた後に見つけてしまったために、何だか疲れも2倍増しでした・・・・。

天気はそれほど良くはなかったのですが、
それでも「北海道三大秘湖の一つ」とされていて、
「湖面は刻々と色を変えることから五色沼の別名」を持つ
オンネトーに行くことができて良かったです♪

オンネトー④

しばし湖面を見つつ、たたずんでいました。




日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オンネトー② 【No,165】 | ホーム | 記念日 【No.163】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |